直感を信じる事について

1 / 3 ページ

 直感を信じる

それってどういうこと?

この手の話しは、とくに宗教的な話しと結びついたりして胡散臭かったり、

はたまた中二病的な世界観で、ムーとかアトランティスだとか出てきたりして胡散臭かったりする世の中ですが、

科学で解明できない種類のモノであることが、そうさせるのかもしれません。

あとは、それらを呼ぶ個人が、意味深な名前をつけたがる人種が多いのも禍しているでしょう。

私も大概ですが(笑)


初めに断っておきますと、私は霊感の類は

信じて居ますが、能力としては持っていません。

従って、奇跡も起こせなければ、視る事も出来ないし、除霊とかもできませんので、

そういうのを期待している人は、出口はあちらですよ~。


さて。

私が信じようとしている直感とか勘とかいうものの正体は、

単に現代科学では解明できていないだけの脳科学の何かなんだろうとは考えています。

ですから、見えない何かがひらめいたり、見えたりするのも、

現代科学が追いついていない知識の領域なだけで、

決して非科学的な産物ではないと考えています。

ここで前述の、「霊感の類を信じています」が懸かってきます。

うろ覚えですが、素粒子だかなんだかの小さい要素は、四次元。つまり時空を超えるとかいう話しがります。

我々が生きている三次元の時間は過去から未来へ流れ落ちていく滝の如しで、逆行は出来ない法則に支配されていますが、四次元にアクセスできるか移動できる物質は存在する「らしい」というのが科学の世界らしいです。


幽霊だとか霊だとか言われている記憶の情報群がそれに含まれるのかどうか定かではありませんが、

宇宙を構成する物質の9割だかを占めるダークマターだとか言われてる未解明だけど、最近実在だけは観測できたらしい諸々の中には、そういうものが含まれているのかもしれません。

昔の聖人だとか霊能者だとかの本物の人らは、それらにアクセスする能力があったのかもしれませんね。


私は普通の凡人なのでそんな能力には恵まれていませんが、

時々、ふいに閃く映像だか声のようなものだかに救われることはあったりします。

それがデジャヴであることや予知夢みたいな時もあるので、

自分の意志でどうにかできる類のものではないのは確かです。


たとえば高速道路でかっとばしていた時ですが、

高速走行ですから数十秒でも数百メートルしか距離はないわけです。

そんな高速の世界で、今日はこの付近では減速しておいたほうが良いなんて予感を、

「きのせい」で済ませていたとしたら、三車線塞いで横転事故になったやつに巻き込まれていた事だろう。

事故で車が詰まって100mほど前の事故でした。

インターチェンジの合流地点で起きた横転事故は、加速レーンも含めて4車線相当が塞がれて数時間立ち往生という事故でした。


他に命に関わりそうな派手なものはほとんどありませんが、

今日はこれは止めた方がいいとか、こうすると悪い事は避けられるみたいな予感めいたものは、

無視するとその通りに悪くなったり、軽視すると事故になったりします。

昨日は体調が悪くて軽視したので、バック事故したばかりです。

みんなの読んで良かった!