【第12話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

1 / 2 ページ

前編: 【第11話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。
後編: 【第13話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

仕事も出来ず、社会との接点もない30歳を過ぎた男にとってそれは恐怖でしかない。

さらに僕には、自分の人生を賭けてでも育てなければならない子供たちがいる。

明日という確実な未来でさえ、信用できなくなっていた。

明日など、本当にやってくるのだろうか。

本当は子供と海を見ながら、お弁当など食べている場合ではない。

主な収入といえばオークションで不用品並びに売れ筋の商品を仕入れての転売で、今日売れなかったら明日食べる金もないという惨状。

とても心中穏やかではいられない。

明日生きていけるかどうかなんて、この世のどこにもそんな保障などない。

明日どころか、わずか数時間先の未来でさえ思い描くことができなくなっていた。

いつしか、この生活から逃げたしたいという気持ちが、感情の大部分を占めるようになった。

やることが多すぎる。

「もうやめたい」

1日に何度も思った。

社会からひとり取り残されているのではないかという焦りと、やらねばならぬことが山積みされた日常の中で、僕にはさらにやることがあった。

母が死んで葬儀も終わりひと段落したのもつかの間、今度は父の介護が待っていた。

父は今時珍しい大正生まれで、50歳を過ぎてからの子だったから、すでに80歳をひとつふたつ超えている。

教師をしていた父は、僕が小学校の低学年のころ定年退職をしたため、働いている父の姿をほぼ記憶にはとどめていない。

退職し、家にいるようになった父は人が変わったように酒を飲み、度を越えていくにつれ酒が手放せなくなって、中学に入るころにはもうすでに立派なアルコール中毒者になっていた。

記憶の中の父は朝からウイスキーを飲み、完全に目の座った顔で酒臭い息を吐きながら、中学生の僕の事などまるで眼中にないかのように、飲み続けている。

とにかくこれが毎朝で、早朝7時には完全に出来上がっているのだからたまったものではない。

学校から帰ってくれば、酩酊状態にさらに拍車がかかっている。出来上がっているなんてものではない、呂律の回らない口で何やらわめきながら、家の中でも近所でも暴れまわっている。

みんなの読んで良かった!