【第19話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

1 / 4 ページ

前編: 【第18話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。
後編: 【第20話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

確かに無所属で選挙に打って出るのはお金がかかるのだろう、それはなんとなくわかる。

それにしても後味が悪い。

兄が掲げた政策には子育て支援という文字が躍っていたが、あまりの茶番に笑う気にもなれなかった。

やっと両親の一件も落ち着き、子供たちも新しい環境や学校にも慣れてきて、生活のリズムもそれなりに整いつつあったのに、新たな物事は予想だにしないところから降ってわいた。

最悪の事態を想定し、事前に回避策を考え生きる。

しかし、現実に起こる最悪の事態というものは、考えているほど甘くはない。

血を分けた唯一の兄に、家を出て行けと言われている。

出て行かないならば力ずくで追い出す、とまで言われれば考えないわけにはいかない。

この最悪のパターンは想定外だったけど、これは僕の想像力の無さが原因だろうか。

子供たちはここでの生活や学校生活にも慣れて、行動範囲も交友関係も広くなっていき、のびのびと楽しんで生活しているように見えた。

子供たちにも今までそれなりに苦労を強いただろうに、一切の弱音を吐かずに僕についてきてくれたわけで、それはそれで子供たちの成長を頼もしく思えたものだった。

この子たちのためにも、この暮らしを死守しなければいけないと思うのだが、果たしてそれは可能なのだろうか。

ここでの生活に基盤らしきものが出来つつある今日この頃、今更またここを出て環境が変わって生活しなければいけないということは、金銭的にも精神的にもかなりしんどいものがあり、できることならこのまま何事もなく、当たり前のようにここで暮らしていけないだろうかと思った。

それが、僕にとっても子供たちにとってもベストな選択であるように思えたのだけれども、そうなった時のために準備だけはしておかなければいけなかったし、今自分がどういう状況に置かれているのかという客観的な判断も必要だった。

まったく気は進まなかったけど、弁護士に相談してみることにした。

なぜこんなことになってしまったのか、なぜ兄に家を追い出されなければいけないのか、なぜそのためにこの忙しい合間を縫って弁護士に相談しに行かなければいけないのか、ことごとく納得がいかなかったけど、まずは専門家の意見を聞いてからだというわけで、なけなしの五千円を支払って、弁護士の元に相談しに行ったのだった。

水戸のとある弁護士事務所に向かい、担当の女性弁護士に事の顛末を伝えた。

20代後半に見える女性弁護士に、自分なりに伝えられるすべてのことを伝えた。ここにきてきれいごとを言っても仕方がないし、時間も30分しか与えられていなかった。

まるで他人事と言った雰囲気のその弁護士の態度は、5000円の対価だろうか。

向かい合って座る殺風景な小部屋が、さらに憂鬱な気分にさせた。

それでも、実の兄に家を追い出されそうになっていることや、家の名義は兄が所有していることなどを含めその女性弁護士に説明した結果、彼女はこう言った。

「その家に今現在お住いなんですよね」

みんなの読んで良かった!