【第22話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

1 / 8 ページ

前編: 【第21話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。
後編: 【第23話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

その日はいつものように仕事があって、仕事場である近所のショッピングモールまで車を走らせていた。

時刻は午前10時半。

11時からバイトだったので、いつもこのくらいの時間には車に乗っていた。その日は良く晴れていて穏やかな朝だったのを覚えている。

車のガソリンメーターを見るとエンプティーマークが点灯したところだったが、バイトの時間に遅れそうだったのでガソリンを入れるのは仕事終わりにしようと思った。

ガソリンスタンドを見送り仕事場に着いて、いつものようにへんてこな制服に着替えたら、仕事にとりかる。

お昼時は忙しいから、休憩が取れるのは14時半ごろ。何も変わらない時間。最近ちょっと気になることがあるといえば、頻繁に小さい地震が来ていて、大きなショッピングセンターといえども揺れを感じることがよくあったこと。

その日はそれほど忙しくもならず、14時半には休憩を取ることが出来た。みんなはそのタイミングでご飯を食べたりするのだが、僕はお金がないので、最近休憩のたびに立ち読みしながら読み進めていた小説の続きを読もうと思い、ショッピングモール2階にある本屋に行った。本当は買いたいのだが、今の僕にそんな余裕はない。時間もつぶせるしお金もかからないので、立ち読みで良しとしていた。

その小説は直木賞を受賞した話題の新作で、書店の一番目立つ場所に平積みされていた。

毎日立ち読みで読み進めていたにので、どこまで読んだか分からなくならないように、僕はこっそりしおりをはさんでおいていた。休憩中に本を読むのが唯一の楽しみだったので、時間目いっぱい読もうとその日も決めていた。

しばらく立ち読みを続けていたのだが、ふと、ほんのわずかではあるが足元に違和感を感じた。違和感というにはあまりにも短い時間だったけど、感覚的に言ったら今までに味わったことのない違和感であることは間違いなかった。

なんだ、これは。

足元から腰のあたりまで伝う、なんとも表現しがたい違和感。時間にしておそらく数秒にも満たないほど。

腰のあたりまで来ていた違和感が、体全身を貫き膝から崩れ落ちそうになる。一瞬にして脳が指令を出した。

「逃げろ」

今まで30年以上生きているが、自分の脳がこれほどまでに的確かつ迅速に「逃げろ」という指令を下したことは無い。

このままこの場所にとどまったら危険だ、逃げろ、と。

これが動物としての本能なのかと思うほど、一瞬の判断だった。

ショッピングモール内の書店には大きな本棚がいくつもあり、僕が立っている場所の目の前にも背丈の倍ほどの棚があったのだが、ふとその目の前の棚に目をやると、並べられていた本が今にも外に落ちそうなくらい飛び出していて、棚自体もこちら側に覆いかぶさってくるのではないかと思うほど激しく揺れていた。

みんなの読んで良かった!