【第25話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

1 / 7 ページ

前編: 【第24話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。
後編: 【第26話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

そのうどん店は、自宅から車で15分程度の場所にあり、仕事が忙しいので有名な繁盛店らしい。


そこも震災で大きな被害を出したらしいのだが、復旧が早く店舗営業を再開し、慢性人手不足だったため求人を募集していたということだった。


あまりにも忙しく、かつ人手不足、よほどのことがない限り不採用にはならないような条件で、僕は父子家庭やらなんやら、ある程度のネガティブな情報も入れつつだったのだが、無事採用ということになった。


店長は僕よりも10歳も若い男性で、いかにもチェーン店の店長といった感じのはきはきとした青年だった。10歳も若い青年に頭を下げるなど、もはや何の抵抗もない。


彼曰く、採用の理由としてまず第一に男であるということ。職業柄、そして、僕が働きたいと言っている9時から15時はパートのおばちゃんがほとんどで、男性のアルバイト応募はなかったとのこと。しかも30代という年齢も、この業種では待っていてもなかなか来ていただけないらしいのだ。


第二に、休みはいらないのでとにかくシフトに入れてほしいという積極性が、人手不足の繁盛店を任されている若い店長にはおあつらえ向きの人材だったということだ。


父子家庭という生き方にはあまりピンと来ていなかったようだが、僕の働きたい時間帯と日数と店舗側の思惑が一致したらしく、早速週明けの月曜日から仕事に来るようにと言われたのだった。


時給は780円。9時から15時で週5のシフトは確約してくれた。


早速月曜日の指定された時間に事務所に出向き、ささやかな入社式のようなオリエンテーションのようなものが行われ、従業員の心得とか、会社の生い立ち、規模、考え方といったもののレクチャーがあり、数枚の紙にサインをさせられ、もろもろ提出しなければいけない書類を提出したりした。


その中で、交通費の申請という書類があり、僕は当初から車での通勤を希望していたので車のガソリン代を交通費として申請しようとしたのだが、ここで大きな問題があった。それは、交通費を申請するにあたり任意の自動車保険の被保険者証のコピーを提出するよう言われたのだが、僕はこの時任意の自動車保険に加入していなかった。


震災のバタバタでちょうど切れてしまったタイミングであったし、新たに保険料を支払って契約するだけの財力がもはや残ってはいなかったため、あえなく失効という憂き目にあっていたのだ。


それでも車検が切れているわけではなかったので、無保険状態で車に乗っていたのだが、被保険者証のコピーがなければマイカー通勤は認められないし、交通費も支払われないとのことだった。


はじめはしらばっくれてなんとかごまかして交通費をいただこうと目論んでいたのだが、そんなことが出来るはずもなく、あえなく通勤難民になってしまった。


新たに獲得した仕事場は、車で15分。自宅からは決して近いと言える距離でもなかったのだが、マイカー通勤が出来ないのであれば仕方がない。それに何より、万が一のことを考えたら車に乗るのも危ないには違いない。


当初は車でしか通勤できないと思い込んでいたが、待てよ、車に乗らなくても時間をかければ自転車でもいいんじゃないのか、と思ってきたりもするのだった。今更、車に乗って仕事に行くことが出来ないという状況を悲観して考え込むほど生活に余裕は無かったし、くよくよするくらいなら、先に進むためにはどうしたらよいかを考えた方がいい。


これだけ苦労してありついた仕事だ、これしきの事で職を失い、いつ見つかるとも限らない求職活動の生活に戻るなんて、まっぴらごめんだった。


仕方がないのであっさり車に乗ることは諦め、自転車で通勤することに決め、店長にその旨を伝えた。


自転車で約40分。できないことは無かったし、ここのところよく聞く、これもエコというやつに違いないと、前向きに考えることにした。なんだってやればできるはずだ。


父子家庭になり5年ほどの月日が流れ、生きるか死ぬかの大震災を乗り越えた僕にとって、生活のレベルを下げたり、さらなる不都合を受け入れたり、予想外の事態に直面したりしても、それはそれで考え方ひとつと思えるようになっていた。


今置かれている状況を受け入れるしか僕たちに明日はない。


車に乗れないのであれば、乗らないという環境を受け入れたうえで、なおかつそこでどうやったらベストを尽くすことが出来るのかを考えればよいだけだ。こうなったら、生きていくために恥も外聞もプライドもない。今日1日無事に乗り越えて、子供たちにご飯を食べさせる。


それさえできたら、十分だ。

みんなの読んで良かった!