【第26話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

1 / 7 ページ

前編: 【第25話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。
後編: 【第27話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

季節はすっかり夏になり、自転車での通勤も苦ではなくなったのだが、8月の猛暑の日などは、炎天下の午前中、40分自転車を漕ぐだけで汗だくになるのだった。


時給780円で週5日6時間。何だかんだ引かれて手取り9万円ちょっと。毎日自転車でせっせと通ってはいたが、この給料では子供たちにテレビなど買ってやれはしない。


転職して今よりも時給の良い仕事場を見つけ、長い時間働かなくてはならない。そうは言っても働ける時間帯が限られているので、その時間を目いっぱいアルバイトに充てられる仕事で、休みを週2日から1日にする。


これで何とか当面仕事をし少しずつお金を貯めるしかないだろう。そんな都合よく仕事が見つかるとは思えないかったけど、どんな時でも、今自分が置かれた環境でベストを尽くす。


子供たちに常々言って聞かせていることだ、やるしかない。




求人はあるにはあったのだが、そのほとんどが居酒屋かパチンコ屋かすでに面接で落ちているところで、僕の働ける条件という物を考えるとやはりそれほどの選択肢はない。新たな仕事場探しは想像通り困難を極めた。


毎日アルバイト情報誌を眺め、新聞の折り込みをチェックし、インターネットの求人サイトを閲覧した。


それでも転職をするという決断に至るまでの職を見つけることが出来ないでいた。


車がないというのが職探しの大きなネックになっており、自転車か徒歩で通える範囲の場所での求人は、そう多くはない。車がなければ生活していくことなどできないであろう程の田舎なのだから、当然誰もが車を持っている体で求人しているのだ。


ただ唯一今までの職探しと違うところは、安定というにはほど遠いが毎月僅かばかりの収入があり、明日もまた仕事に行くことが出来るということ。


アルバイトではあったが、仕事を持ちながら次の仕事を探せるという環境は、ほんの少しではあるが自分自身前に進んでいるような気がしていた。




うどん屋の仕事も最初は雑用しかできなかったけど、洗い場を任されるようにり、それもある程度こなせるようになったらうどんを打たせてくれるようにもなった。盛り付けや天ぷらの仕事もさせてもらえるようになったし、もともと高校を卒業してからというもの調理の仕事しかしてこなかったわけで、コツさえつかめばこの程度のアルバイトどうってことは無い。どんどん仕事を覚えさらに新しいことを教えてもらった。


数ある仕事の中でも、とりわけうどんを打つポジションは楽しかった。お客がひっきりなしに訪れるからとにかく大変だったけど、小麦粉を練ってプレスして裁断してうどんを茹でるという過程は集中を必要とし、ほんの一時ではあるが、時間を忘れて没頭できるこの仕事はありがたかった。絶えず頭の中は不安と迷いと焦りでいっぱいだったから、よい気分転換にもなっていたりもしたのだ。


そんなこんなしているうちに、うどん屋の仕事もだんだん慣れてきて、話ができる友達も見つかり、楽しくなってきたりもして、それはそれで落ち着いてしまっていた部分もあった。


このまま、ここでアルバイト暮らしでもいいのではないか、という疑問も絶えず持ち合わせていて、新しい職場に30半ばのおじさんが転職するということは、なかなか簡単なことではない。


仕事を探すだけでも相当のストレスだし、自分の環境でできる仕事がないという現実も受け入れがたかった。


うどん屋で仲良くなったおばちゃんたちから食事に誘ってもらったり、野菜を分けてもらったり、それなりに楽しくやっていたから、また仕事場を変えて新しい環境で仕事を覚え、新しい人たちと新しい関係を作っていくのが、今更なんだかとても面倒なことのように思えるのだった。


30過ぎのおじさんがアルバイトというだけでも、そうとう好奇の目で見られるわけで、根掘り葉掘り聞かれたらある程度は自分の素性を話さなければならないだろう。それを受け入れてくれる職場なのか、好意的に思ってくれる人たちなのか、そんなことを考えると、どんどんどんどん憂鬱になっていくのだった。


しかし、今のままの生活ではテレビも買えないどころか、いつかまた破たんしてしまうだろう。圧倒的に収入より支出の方が多いのだから。


環境を変えなければ新しい道が開けないのも、また事実だった。

みんなの読んで良かった!