【第32話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

1 / 6 ページ

前編: 【第31話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。
後編: 【第33話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

薬を飲めば気絶してしまうので、家のこと子供たちのことが一切手につかず、仕事が山積みになり、結局自分自身を苦しめる。考えるなと言われても、僕には考えねばならぬことがたくさんありすぎた。


休養を取れと言われても、家事や育児は休みをくれない。仕事は休んでも、体をゆっくり休めるまでには至らない。時間をかけろと言われても、そのすべての方法が否定されてしまった今、時間のかけようがなかった。


具合を悪くすることも出来ないという今自分が置かれている状況を、改めて思い知らされた。


休みたいけど休めない、やらなければいけないことは手につかず、結果自分を苦しめる。


薬によって眠らされても、やらねばならぬことを先送りしてしまった無念と、子供たちに迷惑をかけている自分に対しての自己嫌悪、そして、こんなことをしている場合ではないという焦り。


どれほど憤ってみても、その矛先は分からぬままだった。


後悔と強烈な自己嫌悪を知った僕は、薬を飲むことをやめ、病院に通うこともやめて、自力で克服することに決めた。


それしか僕に残された道はなく、こうなったら、頼れるものは自分自身以外ない。


そんなことが可能なのかどうなのか分からなかったけど、心療内科の先生に、今僕が置かれている状況を説明しても仕方のないことのように思えた。


今までさんざん、この悲惨な境遇を理解してもらおうと、考えられる方法で伝える努力はしてみたけど、そのどれもが伝わるということには遠く及ばなかった。伝わらない物を伝えようと努力することに、もう疲れてしまっていたのだ。

どこからさかのぼって説明すればよいのかさえ、もう分からない。


そもそも、病院に行って治療を受け、薬を飲み、その力に頼ってこの状況を脱却しようなどという考え方自体、虫が良すぎたのかもしれない。今までだって、いったい誰が助けてくれたというのだろうか。


僕達が生きるか死ぬかの瀬戸際にいたとしても、誰も助けてはくれなかった。一笑に付されるか、批判されるか、相手にされないか、良いリアクションをとってくれたとしても「大変だね」と声をかけてもらうのがせいぜいで、ひどいときになると「自分だけが大変だと思うなよ」とか「世の中にはもっと大変な人いるんだから」とか「こんな生活しててまともな子供が育つはずない」とか言われる有様。


何もわからないくせにと、どんな時も唇をかんで、歯を食いしばって我慢してきた。


何が正しいのかなんて分からない、それでも自分を信じて、いや、自分だけを信じて生きてきたのだ。


それが僕の生きる道だ、理解されないなら仕方がない。


良いか悪いかではない、明日も生きていけるのかどうか、子供たちにご飯を食べさせてあげられるかどうか、ただそれだけなのだから。

ただそれだけのことに、正しいも間違っているもあるものか。


「人を頼ってはいけない、誰も助けてはくれない、どんな時も自分の力で乗り越える」


僕は悔しくて涙があふれそうになるのを、歯を食いしばってこらえてきた。


「よし、大丈夫だ、俺ならできる。子供たちのために、ここからまた先に進む」


晩ご飯の支度をしながら、僕は心に誓った。


みんなの読んで良かった!