【第33話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

1 / 2 ページ

前編: 【第32話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。
後編: 【第34話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

季節はすっかり冬になっていて、また1年が終わろうとしている。


上の子は中学3年の冬で、やりたい放題やっていたころの面影はすっかりなくなり、塾にも行かせてあげられない環境で、一人黙々と部屋にこもり受験勉強に励んでいた。


知らないうちにみんな成長している。これが生きていくということなのだろうか。


僕も頑張らなければ、ただひたすらにそう思っていた。


仕事は見つからず職探しの日々だったけど、その場しのぎでとりあえずの職に就くことを僕は嫌った。どうせその場しのぎで職についても、また何らかの不都合が起こり仕事を辞めなければいけなくなるからだ。


年に何回も職を変えるわけにはいかない。それだけ慎重になっていたために、職探しは難航した。もう、どこでもよいというわけにはいかない。


毎日家にいて仕事を探しながら、家事に育児に。塾に通わせてあげられない上の子のために、勉強を教えたりした。


高校受験にはコツがある。昔取ったなんとかではないが、30年前の僕が受験生だったころと大して変わり映えしない受験の傾向に、点数の取り方を教えたりした。


上の子に勉強を教えているときは、楽しかった。勉強は嫌いではなかったし、上の子は僕が教えたことを真剣に聞き、努力してくれた。


人が変わったように勉強に打ち込んでいて、受験まで残り数カ月というところまできて、先生も驚くほどの成績アップにつなげていた。


3年生の初めの三者面談では、行ける高校など無いと言われていたのに、1年間の努力で成績は上位に食い込むほどになっていた。


生活は相変わらずで、仕事がないので収入がない。オークションで不用品を売って小銭を稼ぎ、それでも追いつかなくなると、車を買ったときに強制的に作らされたカードでキャッシングをした。


有り金は底をついてとうとう借金に手を出し、事態は一刻の猶予も許されなくなっていたが、求人を見てもどこも昔見たようなところばかりで、これというところはない。


飲食業しかできないことは分かってはいたが、民間のレストランでは拘束時間が長すぎる。かといってほかの業種と言われても、自分に何ができるのか分からなかった。


目についた求人は片っ端から面接を申し込み、そのほとんどが合格だったけど、そのどれもが、仕事をするうえで今後仕事が続けられぬ障害があるような気がしてきて、僕はすべてを辞退し続けた。




仕事がない。仕事はあるけどやれる仕事がない。

いつの間にか体得した面接術で、選ばなければ仕事にありつくことは容易になっていた。しかし、ここまできたらどこでもよいとか、とりあえずとかの理由では、仕事に就くことはできない。


そもそも、今の自分に出来る仕事が何なのかが分からない。




長く続けられて、生活にそれほど支障が出ないもの。それでいて最低限安定した生活が望めるだけの給料を貰い、まともな生活を送れる仕事。


探せども探せども、そんな僕にとって好都合の仕事など、この田舎町にはない。


テレビでは、年末恒例今年の重大ニュースなどが流れ始めていたころ、僕はふと、ある人との話を思い出した。


それは、以前働いていた京成の蕎麦屋の店員で、そこに雇われていたパティシエとの会話だ。


食事休憩の時に、今までどんな仕事をしたことがあるかといった内容の話をしていて、そのパティシエは過去に様々な職に就いていることが判明した時の事。


今までで一番楽しかったのは動物園の飼育員という、およそパティシエには似つかわしくない情報でひとしきり笑った後に、施設の厨房で働いていたときの経験を教えてくれた。


老人介護施設の厨房でコックをしていたというのだが、そこはシフトで仕事が組まれており、残業なし、ボーナス有り、週休2日で快適だったというのだ。


結局彼は、そこの施設長との折り合いが悪くなり退職したというのだが、彼は僕にこう言った。


「こんなところでバイトしてるより、施設の厨房で社員になったほうがいいんじゃないですか?残業はないし、遅くても18時過ぎには仕事終わっちゃいますよ、給料はそんなに良くはないけどボーナスも出るし、ここでバイトしてるよりはいいと思いますよ、父子家庭なら時間で帰れる仕事はありがたいんじゃないですかね・・・」と。


施設の厨房か・・・


その話をされた時も、施設の厨房で働きたいとは思わなかった。


それは、僕の中に辛うじて残っている料理人としてのプライドとでもいうのだろうか、給食のおばちゃんになるのはちょっとな、と考えていたからだ。


でも、もうそんなことを言っている場合ではないのではないか。今まで目にも留めなかった病院や施設の調理場の求人をハローワークに行って探し、求人募集があった数社に片っ端から紹介状を書いてもらい履歴書を郵送した。


とりあえず、話だけ聞いてみてもいいだろう、そう思った。


近隣の病院、老人介護施設、面接には7社くらい足を運んだ。


履歴書郵送の時点でお断り申し上げられたところもいくつかあったが、面接をしてくれるというところには、すべて顔を出した。


面接に趣き話を聞いてみると、確かにそのパティシエの言う通り、僕にとっては仕事がしやすい勤務形態のような気がした。そのほとんどで残業がなく、時間で帰宅できるらしかった。


時間が予定通りというのはありがたい。不測の事態に対応できない僕のような一人物の父子家庭には、銭金には代えられない大切なものがある。


飲食業の経験は長いことあったけど、このような施設での調理経験が無かったために、不合格となるところもちらほらあったのだけれども、合格して働き始めるかどうかの判断を自分ができるところの方が多かった。これも散々面接を重ねてきてつかんだコツのおかげかと思われた。相手がどのような自分を望んでいるのか瞬時に判断できたし、それに対応する能力もいつの間にか備わっているように思えた。


その中でも精査に精査を重ね、例えばシフト制と言っても朝がものすごく早いとか、残業する可能性が実は多いとか、給料が安すぎるとか、生活のリズムに適合しないと思われるところに関しては、こちらから辞退した。


ある程度条件に合う仕事場は、施設の調理場と言えども難しいのだろうかと思い始めた、今年もあと数日で終わろうかという年の瀬に、一本の電話がかかってきた。


それは、かなり以前に履歴書を送付してなしのつぶてだった施設からで、面接をしたいから都合がよい時は無いかというものだった。


時間の都合などあってないような僕なので、いつでも大丈夫だと言うと、早速次の日に面接が組まれることになった。


だいぶ前に片っ端から送った履歴書の中の一つの求人先で、どんな内容での求人だったのか、どんな履歴書を送ったのかさえ覚えてはいなかったけど、とりあえず行くだけ行ってみることにした。場所は、隣町だった。車で15分、ロケーションは申し分ない。


面接は朝の10時からで、定刻10分前に到着すると応接室のようなところに通された。


面接官は2人で、男性と女性。


ハローワークでの求人票を元に面接を行い、気になるところは質問などしながら滞りなく終わった。人手が足りず、早急に人員の確保をしたいとのことらしく、面接はおおむね友好的な雰囲気だった。


仕事の内容は料理を作るということに変わりはないだろうから、シフトの時間と、休日と、給料の話に終始した。時間に関しては特に問題はなさそうだった。残業もよほどのことがない限り行われないとのことだったし、遅番でも終業は18時。休日はシフト制の週休2日、月に9日の公休というものだった。


残業がない代わりに宿直という業務があり、18時30分から次の日の朝8時半まで施設に泊まるという業務だった。子供たちを置いて1日外泊しなければならないというのは、様々なリスクがあるように思えたが、月に4回程度ということだったのでそこは目をつぶるしかない。


宿直手当が4200円いただけるということで、良しとしよう。


給料に関しては試用期間というものが設けられており、通常は3カ月とのこと。その後正社員登用されるという流れらしい。試用期間の3カ月は時給850円ということだった。


まあ、こんなもんだろう。


特別条件の良い仕事場というわけでもなかったけど「前向きに検討させてください」と言っていったん家に戻ることにした。ここの他にも数社連絡待ちの施設があったし、より良いところに行けるよう少し時間をかけて考えようと思ったからだ。ここまで来て焦ったところで仕方がない。


どこで働き始めるにしても、どのみち切りのいい正月明け、ということになると思ったからだ。


今までの職探しの時は目もくれなかったけど、施設や病院での求人は割と多く出回っており、出来れば新しい施設であったり、少しでも条件の良いところであったりと、迷えるうちは考えようと思ったし、決めたら最後ある程度の期間転職はしたくない。


もう、くだらないことで苦しむ生活は御免だ。


クレジットカードで生活費をキャッシングし細々と暮らす毎日。


子供たちにはせっせとご飯を作ったけど、僕は食べなかった。


食べなかったというより、ながらくご飯を食べない生活をしていたらすっかり体がこのリズムに慣れてしまい、そのうち食べたいという気持ちもそれほど強くなくなってきたのだ。食べたいという欲求もなくなりお金もないとなれば、何も無理してご飯を食べる必要はない。


誰かが食べさせてくれるのならば喜んでいただくのだけれど、そうでないなら食べない。


朝は食べない、昼か夜のどちらかにタイミングが合えば1食だけ食べる。そんな生活だった。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。