【第33話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

1 / 6 ページ

前編: 【第32話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。
後編: 【第34話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

季節はすっかり冬になっていて、また1年が終わろうとしている。


上の子は中学3年の冬で、やりたい放題やっていたころの面影はすっかりなくなり、塾にも行かせてあげられない環境で、一人黙々と部屋にこもり受験勉強に励んでいた。


知らないうちにみんな成長している。これが生きていくということなのだろうか。


僕も頑張らなければ、ただひたすらにそう思っていた。


仕事は見つからず職探しの日々だったけど、その場しのぎでとりあえずの職に就くことを僕は嫌った。どうせその場しのぎで職についても、また何らかの不都合が起こり仕事を辞めなければいけなくなるからだ。


年に何回も職を変えるわけにはいかない。それだけ慎重になっていたために、職探しは難航した。もう、どこでもよいというわけにはいかない。


毎日家にいて仕事を探しながら、家事に育児に。塾に通わせてあげられない上の子のために、勉強を教えたりした。


高校受験にはコツがある。昔取ったなんとかではないが、30年前の僕が受験生だったころと大して変わり映えしない受験の傾向に、点数の取り方を教えたりした。


上の子に勉強を教えているときは、楽しかった。勉強は嫌いではなかったし、上の子は僕が教えたことを真剣に聞き、努力してくれた。


人が変わったように勉強に打ち込んでいて、受験まで残り数カ月というところまできて、先生も驚くほどの成績アップにつなげていた。


3年生の初めの三者面談では、行ける高校など無いと言われていたのに、1年間の努力で成績は上位に食い込むほどになっていた。


生活は相変わらずで、仕事がないので収入がない。オークションで不用品を売って小銭を稼ぎ、それでも追いつかなくなると、車を買ったときに強制的に作らされたカードでキャッシングをした。


有り金は底をついてとうとう借金に手を出し、事態は一刻の猶予も許されなくなっていたが、求人を見てもどこも昔見たようなところばかりで、これというところはない。


飲食業しかできないことは分かってはいたが、民間のレストランでは拘束時間が長すぎる。かといってほかの業種と言われても、自分に何ができるのか分からなかった。


目についた求人は片っ端から面接を申し込み、そのほとんどが合格だったけど、そのどれもが、仕事をするうえで今後仕事が続けられぬ障害があるような気がしてきて、僕はすべてを辞退し続けた。




仕事がない。仕事はあるけどやれる仕事がない。

いつの間にか体得した面接術で、選ばなければ仕事にありつくことは容易になっていた。しかし、ここまできたらどこでもよいとか、とりあえずとかの理由では、仕事に就くことはできない。


そもそも、今の自分に出来る仕事が何なのかが分からない。




長く続けられて、生活にそれほど支障が出ないもの。それでいて最低限安定した生活が望めるだけの給料を貰い、まともな生活を送れる仕事。


探せども探せども、そんな僕にとって好都合の仕事など、この田舎町にはない。


みんなの読んで良かった!