「みんな違っているから、楽しいんだ」(日本の英語教育は・・・)

1 / 4 ページ

「みんな違っているから、楽しいんだ」(日本の英語教育は・・・)

 佐藤くんはムッチャ足が速く、田中くんは絵がとても上手で、鈴木さんはバイオリンが弾けて、中尾さんはすごく頭がいい。そんな普通の風景のどこが不都合なのでしょう。みんな違っていていいではないのでしょうか。

  私の父親は、勉強しろと言ったことがありませんでした。それで、私は中学校からアルファベットを習ったのでした。記号の羅列にしか見えなかったけれど、いつごろから読めるようになった。

 京都大学では、英語の問題が穴埋め、並び替え、書きかえ問題といった、客観テストはほとんど出題されません。伝統的に「和訳」「英作文」のみというスタイルです。

そういう意味では、対策が立てにくく、東大より問う得点をとるのが難しい。医学部でも、最高得点を調べると8割台が限界というのが実態です。

第一章

「大学受験5日前のこと」(受験英語を身につけるまで)

  大学受験の5日前に、2階の勉強部屋で数学の勉強をしていたら、突然手足が震え始めて椅子からズリ落ちてしまった。そして、

「お父さん、ボク変だ」

  と叫びました。二階に駆け上がって来た父は、ひっくり返って亀のように手足をバタバタしている私を見て

「お前、何をしてんだ」

  と言いました。そして、私は近くの総合病院に担ぎ込まれました。

病院の看護婦さんは、私の手足を押さえつけながら

「アレ?高木くん、どうしたの?」

  と言いました。北勢中学校の体操部の先輩だったのです。

  診断は、神経衰弱。いわゆるノイローゼとのことでした。私は頭が狂うことを心配しましましたが、医者が言うには

「そういう人もいるが、身体に症状が出る人もいる」

  とのことでした。

  受験英語は限界までやったつもりです。異常ですよね。それほど勉強が好きでもない子にムリやり詰め込むと、こういうことになるのです。もし、試験中に痙攣が再発して倒れたら周囲の人に迷惑をかけるところでした。幸い、そういうこともなく奇跡的に合格できました。

第二章

「アメリカの生活で分かったこと」(受験英語では生活できない)

みんなの読んで良かった!