【第37話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

1 / 2 ページ

前編: 【第36話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。
後編: 【第38話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

何がいけないかったのかなど、あまりにも多すぎて考えたくもない。


仕事は辞めよう。


次の仕事を探す気力も、子供たちを育てる気力もない。


知ったことか、どうにでもなれ。




夏が終わり、すっかり秋の気配が街を支配し始めたころ、残り1カ月の契約となった仕事に惰性で通い、春のころよりは慣れてきたお弁当作りをこなし、子供たちの朝ごはんを用意して、これと言って変わることのない生活の中で、いずれ仕事を失い、やがて金が底をつき、お弁当もご飯も作れなくなったら、それで終わりだと思った。


ジ・エンド。




お似合いの結末じゃないか。


仕事の契約満了まで残り半月となった。




仕事には行っていたけど、相変わらずしゃべる相手もいない。誰にも相談できないし、相談したところで結果は知れてる。


少ない給料ながら、10カ月続けられたことで、低空飛行ではあるけれど生活は安定した。


それほど多くのことを望んだつもりはないけれど、ささやかな生活の安定さえとうとう手に入れることが出来なかった。健康で文化的な生活とは程遠いささやかな暮らしさえも、僕には許されないのか。


震災や子供の病気や、お金の持ち逃げやさらなるステップアップとか、いろいろな理由で職を取り上げられ、職を探し求め続けたけど、最後の最後、いじめられて職を失うことになるとは。


よくもまあ、次から次へと困難が押し寄せる人生だ。


常に最悪の状況を考えて行動する。そう肝に銘じて生きていたつもりだったけど、常に起こる最悪の事態が僕の想定をはるかに超えていて、とうとう回避不可能、万事休す、一巻の終わりだ。


困難は人を強くするというが、これだけ休まず困難に見舞われると、いい加減うんざりする。




弱い人間で結構だよ、みんな死ねばいいんだ。




投げやりと絶望と諦めの中、どこか諦めきれない一部分もあるにはあったが、さしあたっての解決策は見当たらず、先に進もうにも一向に気力も戻ってはこなかった。


そんなある日のことである。


いつものように仕事が終わる時間になり、家に帰ろうかと事務所にタイムカードを押しに行った時の事、一人の従業員に声をかけられた。


「今晩、家に戻ったら電話するから、必ず出てよ」


そう一言不意に念を押された。


話したことなど数回しかない事務員で、年は僕と同じくらいだったがこの職場でのキャリアは遥かに長かった。


彼女は事務員だったので、僕はこう考えた。


「仕事場では次の契約がされないということを告げづらいのだろう、きっと」


なぜ彼女が僕にわざわざ電話をかけてこなければならないか、理由があるとしたらそのくらいしか思い当たらなかった。


「何時ごろなら電話してもいいかな」


「別に何時でも大丈夫です」


僕は、そう言って仕事場を後にした。


もうすでに仕事に対するモチベーションや、ある程度の感情は捨てていたから、この際何言われても驚くまいと思った。

「はい、そうですか、わかりました。お世話になりました」と、あっさり言うだけだ。


18時に仕事が終わり、家に帰って晩御飯の支度をし、珍しく2人揃っていたので一緒にご飯を食べさせた。洗い物をして、洗濯物を干して、いつものように毎日の愚痴をこぼすブログを書いていたら、電話がかかってきた。


突然電話してごめんねと、一通りお決まりのやり取りを交わしたあと、受話器越しに事務員は唐突にこう言った。


「仕事、辞める気?」


電話の内容の方向性が読み取れない。


「辞めるというか・・・契約しないって言われてるから」


「辞めたいのか、続けたいのか、気持ちはどっちなのよ、辞めたいって言うなら止められないけど」


ますます意味が分からない。


「そりゃ、辞めたくはないですけど・・・」


これは本音だった。


仕事を辞めないでこのまま続けられるなら、それはそれでありがたい。人間関係のみ我慢すれば、お金は入ってくる。


もうだめだと思っても、本当に終われる人はなかなかいない。どうせ生きていかなければならないのだとしたら、仕事を失ってお金が無くなるという、お決まりの困難はぜひとも回避したい。


「そう、分かった、それなら私が何とかできるかもしれない、だから、もう辞めるなんて言わないでよね。あなたが頑張ってるのは知ってるし、仕事を辞めなければならないような理由なんてないんだから」


そう言って、電話は切れた。


つまり、どういうことだ。


携帯電話を左手に持ったまま、しばし考えた。


まだ何らかの事情により、仕事を辞めなくても良いということなのだろうか。


「まだ、詳しくは話せないんだけど、とにかくなんとかするから。主任の交代があるかもしれないの」


と、その事務員は確かに言った。


主任の交代?悪い方向の話ではないのかもしれない。


そういえば、ほんの数日前事務所で2人になった時、その事務員にちらっと、こんなことがあって仕事続けていけないかも、みたいな話をしたことがあった。


特に仲良くもなく、しゃべったことなど数回程度、その時も相談をしたわけではなく、話の流れでそのようなことをしゃべったに過ぎない。


あなたが頑張っているのは知っていると、彼女は言ったけど、そんなこと言ってもらうのは、どれくらいぶりだろうか。誰かが力になってくれるということが、これほど頼もしくてうれしいものなのか、本当に久しぶりに思い出した。


小さかったころ、悪いことをした時も、人知れず良いことをした時も、母は僕にこう言っていた。


「お天道様は見てるよ」




次の日仕事場に行ったら、廊下で事務員とすれ違った。

みんなの読んで良かった!

他1コメント
STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。