【第38話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

1 / 7 ページ

前編: 【第37話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。
後編: 【第39話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

その日、僕達は東京にいた。


看護師になるために学校に行っていた彼女の、看護師国家試験の発表を見に行ったのだ。


厚生労働省で国試の発表を見て、合格して無事40歳で看護師になった彼女と靖国神社に立ち寄った。


平成25年3月25日、靖国神社の標本木に開花宣言が出された直後で、テレビカメラも数台来ていた。


僕達は記念にとその標本木の前で写真を撮り、電車に乗って茨城に戻ったその足で、市役所に寄って婚姻届けを出した。


「桜が咲いたから」


そんなきっかけで、僕は結婚し、ある日突然に父子家庭生活が終わった。


子供たち以外の誰かと一緒に暮らすということが本当に久しぶりだったので、初めのうちは楽しく生活していた。子供達も何となくこの変化を受け入れたような感じでいた。多分、僕に合わせたのだと思うけど、それなりに家族のような暮らしを初めは送っていた。


お互い子連れということもありうまくいかない部分も多々あったのだが、それはそのうち気にならなくなるものだと思っていて、あまり深くは考えないようにしていた。


高校2年生と中学2年生になっていた子供たちは、それぞれの生活スタイルを持っていたために、家族団らんのようなものには特に交わりを持つことも無く、晩御飯が終われば2階の自室に戻る生活。


子供たちの晩御飯やその他家事に関しては、分担してやった。


分担といっても、彼女は忙しい看護師の仕事で手一杯な部分もあり、引き続きご飯を作ったりは僕の仕事だった。僕の仕事と言うよりも、ここまで子供たちを一人で育ててきて、今更誰かに「じゃあ、あとはお願いしますね」と言うわけにもいかず、やはり自分で負うべき責任の範囲内なのだろうと考えていた。


毎日のお弁当も相変わらず作ったし、家事もやった。


結婚してそれなりに楽になるのかと思っていたが、僕の性格も手伝ってあまり変化はなかった。


いまさら劇的に生活を変化させることなど、そうたやすくはない。


それでも、家に話し相手がいて毎日くだらないことでもおしゃべりする時間と相手がいれば、気がまぎれるのだった。


思春期真っただ中と言うこともあり、子供たちとの時間は一人の時よりも随分短くなってしまったような気がした。僕に話し相手が出来た分、その時間を子供たちと接することに使えなくなってしまったことで、接点は減っていった。


今まで10年近く、3人で肩寄せ合って暮らしてきたのだから、子供たちにとってはその生活がすべてであったわけで、やはりそう簡単には受け入れがたいものがあったに違いない。


もう、そろそろそれぞれの人生を歩むべき時期に差し掛かっているのだと思っていたし、子供達にもだんだんと生活に慣れてもらい、そのうち自立していってもらえればよいと考えていた。


週末になれば子供たちは母親のところに泊まりに行ったり、友達と遊んでそのまま友人宅に泊まったりしながら、上の子はバイトバイトで、あまり顔を合わせることも少なくなっていた。


下の子に関しては、そんな生活の中でもお兄ちゃんの受験で苦労したから、早いタイミングで勉強を教えて高校受験に備えようと考えていた。


全く勉強に関心を見せなかった下の子も、やるとなったら本気を出してくれるに違いないと、そう信じていた。

みんなの読んで良かった!