【第39話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

1 / 5 ページ

前編: 【第38話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。
後編: 【第40話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。~最終話まであと7話~

子供たちの成長は、頭で考えているよりある意味さびしい出来事で、独り立ちするためにもがきあがいている子供たちを見ていると、どんな時でも「子供たちのため」と歯を食いしばっていた、あの頃の生きる意味や目的そのものが、消えてなくなっていくような感覚。


嬉しいような寂しいような、自分でもはっきりと認識できないこの感情は、精神を不安定にさせ、未来に対する漠然とした不安をもたらした。


生きる意味そのものを失いかけているのではないかという錯覚が、僕を臆病にさせたに違いない。


誰かと共に生きるという一般的にはよくある考え方も、共に生きるために必要な共感を他人と共有するためには、あまりにも過ごした時間が違いすぎた。


残念だけど、誰かと一緒に暮らすことは不可能なのだと悟った。


他の誰かを失ったとしても、子供たちを失うことは避けなければならない。


随分身勝手な言い分かもしれないけど、僕の立場はやはり、彼らの父親でなければならない。


奥さんは何度かの喧嘩の末に、そのうち実家で過ごす時間の方がはるかに多くなった。


それはそれで寂しかったけど、これも脳の錯覚なのだと自分に言い聞かせてみたりした。


喧嘩をするということは、喧嘩できる相手がいるということ。


一人ぼっちっでは、喧嘩も出来はしない。




こうしてあっという間に元のさやに収まった僕たちは、また3人で暮らしを始めるようになった。

奥さんとなった人は、その後この家に戻ることは無かった。


結婚という名の元一緒に暮らしていたころは、晩御飯を食べたら2階の自室に行ってしまっていた子供たちも、リビングに残ってテレビを見たり話をしたりするようになった。


やはり、子供達もそれなりに気を使っていたに違いない。


上の子の生活態度には、一貫して口出しをしなかった。


自分で考え、自分で行動し、自分で責任を取る。


多くのことを経験し、多くのことを学び、多くのことを失敗して、ほんのちょっとずつでいいから、ここからは自分の力で先に進んで行ってももらいたいと、願っていた。


僕が型にはめたり、方向性を指示したり、何をするべきか導いたりすることは止めようと思った。


間違っていてもいい、自分の頭で考え、自分の目で見て、自分がこうだと決めたことだけを信じて生きてもらいたいと思っていた。


そのために払わねばならぬ代償があるのだとしたら、多少は目をつぶろう。


みんなの読んで良かった!