神ひろしの0からの出発・第七十話『失敗しない!ダンスをカッコ良く見せる5つのポイント』

5項目目の『時代やニーズにあうかどうかを考える。』は、『ダンスをカッコ良く見せる5つのポイント』の、観客に受け入れられる為の最終地点です!!

それは時代と共に生きる〜を意味します。


順次、説明します。


ー神ひろしの『ダンスをカッコ良く見せる5つのポイント』ー

(1)軸がぶれないように踊る

(2)写真に撮られた時、絵になるように決める〜〜フォトジエニックと言います〜

   〜絵になる形。

・・・スタジオでは客観的に自分自身の身体や動きを確認する意味で鏡を見ましょう。

(3)観客を意識して〜〜見られると言う受け身の姿勢から〜

   〜見せる〜〜と言う能動的な感覚にシフトチエンジする。

(4)無駄な動きを捨てて行く。

(5)時代やニーズにあうかどうかを考える。


(1)項目目の「軸がぶれないように踊る」は、僕の専門のジャズダンス以外にも、バレエやコンテンポラリーダンスも共通項で、反対する人はいないでしょう。


(2)項目目写真に撮られた時、絵になるように決めると、

(3)項目目の観客を意識して〜見せる〜〜と言う能動的な感覚にシフトチエンジする。

 ・・・この2項目はコンテンポラリーダンサーには反発されそうです。


と言うのも、コンテンポラリーダンスは内面表現がポイントなので、「見せる」と言う発想はあまりありません。

要は、観客の為のダンスではなく、踊り手自身の表現の為のダンスで、

「偉大なるマスターベーション」と言っても過言ではありません。


「誰のために踊るのか?!」と問いかけると、90パーセントのコンテンポラリーダンサーは『自分の為に踊る!』と答えるでしょう。


誤解を恐れずに言えば、コンテンポラリーダンスは、ある意味、自分の精神修行のようなジャンルで、対象は同じジャンルの範疇のダンサーか、関係者のみです。

また、そこで成り立っています。

ですから、その範疇の外側に興味ある人は希少です。


(4)項目目の〜無駄な動きを捨てて行く。・・・は、

力量のあるダンサーなら、ジャンルを問わず、納得すると思います。


さて、問題は、
(5)項目目の時代やニーズにあうかどうかを考える。
     ・・・です。


この発想は、16年間の長いカンパニーEASTの海外公演の中で、僕の中で育ちました。


僕には代表作『王女メディア』があります。


ギリシャ公演からはじまり、世界文化遺産のキプロスのクリオン遺跡円形劇場で東洋人初の主演登板をさせて頂きました。


また、英国はガーディアン、スコットランドではスコッツマン、アメリカではニューヨークタイムズ等、世界最大の新聞メディアで高い注目を浴びました。

神ひろしの『王女メディア』・ニューヨークタイムズ


が、実は、これらの成功は、国々や観客の感性に合わせて、演じ方を変えて行ったからです。


幸い、数カ国話せる僕は、それまでは、外交官になるのでなければ、語学堪能なんて何の役にも立たないと思っていました。


が、そうではなかったのです。


言葉を知る事はその国の文化を知る事です。

その国の文化を知ると言う事は・・・・

 その国の人々の感性を知ると言う事です。


同じ事をやっても、英国で受けても、アメリカでは受けず、

ギリシャで受けたものは、アメリカでは退屈と感じるようです。

フランスでは記者の質問はもっぱら、着物の話ばかりで、いささか、ウンザリしました。


さて、

『時代やニーズにあうかどうかを考える。』とは?!


今、目の前にいる観客の感性に合わせて演じ方、歌い方等を変える事です。


ですから・・・

『ドクターX ~外科医・大門未知子〜』じゃあないけれど・・・
「私、失敗しないので」!!
  と、言い切れるのです。


何たる傲慢!!


そう思って、足をひっぱる輩も沢山いました。


が、稽古したものをそのまま、間違えずに、ライブでやるのもある意味正しいのですが・・・・

今の時代、どんなに完璧なパフォーマンスでも、誰も喜んではくれません。



で、

『時代やニーズにあうかどうかを考え』
  かつ・・・・
『失敗しない!」方法は?!


・・・物事を流動的にとらえ、即、その場に合わせて、
瞬時に感応できる『感性』を育てる事以外にありません。


どんなにうまいパフォーマンスも、形やスタイルにとらわれていては進歩は望めません。

が、それ以前に、技量ないのは論外です。

更に又、自分の狭い範囲内で、音楽や照明等の周囲の付属物とコラボする事で、

新しい事をやったつもりでいる井の中の蛙は、笑止千万!

もっとちゃんと勉強しろ!! と、言わざるを得ません。


だったら、「お前は誰の為に踊るのか?!」

  と、つっこまれそうです。


御答え致します。

神ひろしは・・・・・その場にいる観客や同じ板に立つ仲間の為に踊っています。

その事が・・・・

   自分自身の為に踊る!

     事につながっているのです。


それを理解できれば・・・・

その時はじめて・・・

ダンスは癒しになるのです!!


最後に誰かを特定して非難しているのでない事をお断りさせて頂きます。



著者の神 ひろしさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。