【第42話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。~最終話まであと5話~

1 / 7 ページ

前編: 【第41話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。~最終話まであと6話~
後編: 【第43話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。~最終話まであと4話~

今回のいたずらの一件で、上の子に対してはまだもう少し泳がせようと思った。

自分で善悪の判断をしてほしかったし、間違ったり道を踏み外したとしても、まさか犯罪者になるほどではあるまいと、確信したからだ。

今しかできないいろいろな経験を、出来る限りやらせてあげよう、いざとなったら助けてあげられるように準備だけして、その時は手を差し伸べてやればよい。

男の子だ、自分の人生くらい自分の力で切り開いてくれるに違いない。

時間はかかるかもしれないけど、やっぱり信じようと決めた。

下の子に関しては、相変わらずなんのコンタクトも無く、母親からの連絡も無かった。

家出をしてから2カ月が過ぎようとしていて、街はすっかり秋の気配。

今年もそろそろ終わるけど、きっとこのままでは3人での年越しは難しいなと思い始めていたとき、予想もしていなかった出来事が起こった。

自宅の郵便受けなど滅多に開けない僕が、何日にかに1度の郵便物チェックの日、見知らぬ茶封筒が入れられていることに気が付いた。

その茶封筒はA4サイズの用紙を三つ折りにしてぴったり入る大きさのもので、厚みもなかなかの物。

あて名は間違いなく僕の名前で、住所も間違いない。

差出人は、水戸にある家庭裁判からで、見知らぬ差出人にいささかの不信感と、不安をぬぐいきれずに封を開けると、中には何枚かの紙が。

よく見てみると、こう書かれていた。

「親権者変更による調停の申し立て」

親権者変更?調停の申し立て?

離婚協議の時に調停をした時にも、確か同じような用紙をいただいた気がする。懐かしい気もする調停申し立ての意見書には、申し立ての理由が書かれていた。

「子供を育てるうえで、福祉上問題がある」

申立者は母親で、親権変更の対象者は下の子になっている。

みんなの読んで良かった!