【第43話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。~最終話まであと4話~

1 / 6 ページ

前編: 【第42話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。~最終話まであと5話~
後編: 【第44話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。~最終話まであと3話~

冤罪だ、こんなもの冤罪だ。


どこにぶつけたらよいかわからぬ怒りがこみ上げ、どこからこんなことになってしまったのか、夜な夜な考えた。


何がいけなかったのか、どうするべきだったのか、いつになっても考えはまとまらない。


虐待しているという事実があるのであれば、それを証明することはできるだろう。でも、していない物をしていないと証明するのは、非常に難しい。


口で説明しても、それはあくまでも僕が言っている独り言の言い訳に過ぎない。


月に2回は調停という名目で裁判所に呼び出され、ことの顛末を繰り返し説明する。


調停前の待合室窓から見える景色は、色付いた銀杏から、雪景色に変わった。


季節が移り変わっても、僕の濡れ衣は一向に晴らされることは無く、下の子も帰ってくる気配すら見せなかった。


どうやらこちらも話が複雑になりすぎて、出口を見失ったらしい。


僕が何を言おうが「元奥様の言い分はそのようなものではありません、意見の食い違いがありあます」


となり


「あなたが虐待をしていないということであれば、それ相応の証拠になるものを提出してください」


と言われる始末。


はなから、僕の言うことなど信用していないかのような言い草に頭に来た。


「証拠、証拠って言いますねどね、母親側の言い分にもそれなりの説得力のある証拠が出されているんですか?」


「それは出されていません」


「だったら、なぜあちらの言い分を正しいようない方をするのでしょうか、間違いなく、説得力のある証拠など向こうは出せませんよ、一緒に暮らしたことなどないんですから。養育費などのお金ももらったことないし、この10年、会ったこともありません」


「ここは話し合いの場ですから、双方の言い分をお聞きしないといけないわけで・・・」


埒のあかない押し問答が続き、僕はこう切り出した。


「それなら、もうこの際子供に聞いてください、どこに住みたいのか、本人に聞いてください」


「わかりました、元奥様が了承されたら、後日お子さんにお越しいただき、事情を聞きたいを思います」


「ぜひそうしてください、それまでに僕は下の子を虐待していないという物的証拠を提出します、その代わり、向こうにもそれなりの説得力のある証拠を提出させてください」

みんなの読んで良かった!