【第44話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。~最終話まであと3話~

1 / 6 ページ

前編: 【第43話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。~最終話まであと4話~
後編: 【第45話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。~最終話まであと2話~

下の子が家出をしてから上の子と2人暮らしになって、上の子とは一度大喧嘩をしたことがある。


年も押し迫った、寒い夜だった。


下の子の一件で、毎日イライラしていたことは否定しない。


原付を購入し、学校に行くのもバイトに行くのも原付を乗り回しているけれど、ふと、ある思いが頭によぎった。


「そういえば、高校入学の時に買ってやった自転車、どこ行ったんだ」


自転車通学のころは、家のガレージに自転車を止めていたけど、原付にその座を奪われてからというもの、すっかり自転車の影が見えなくなっていた。


友達の家にでも置いているのだろうかと、初めのうちは思っていたのだが、1カ月過ぎ、2カ月過ぎても、自転車が我が家に戻ってくることは無い。


高校入学の際購入した通学用自転車の来歴はこうだ。


大震災から続くゴタゴタで、仕事は安定せず金はなく、うつ病になっても何とか自力で克服し、どん底の時に2人同時に進学というタイミングが訪れ、貯金など1円も無く、進学にかかる費用は2人でざっと40万。


生活費もキャッシングでまかなうような暮らしの中、キャッシング限度枠目いっぱい50万の借金をして、なんとか進学の費用を捻出している。


その借金のなかから、通学用自転車代5万円も含まれていた。


通学用の自転車もピンキリではあったが、3年間ストレスなく通学してもらいたいという願いもあったし、高校に合格した上の子に対してそれなりのものを購入してあげたいという、ささやかな親ごころもあった。


僕にとっては大変な出費、清水の舞台から飛び降りる覚悟で借金し、5万円という大金をはたいて自転車を購入したのだった。


僕が言っているのは、5万円という金額の話ではない。


借金をしてでも買ってあげたかった、3年間乗るであろう父親としての精いっぱいの至らぬ思いが詰まった自転車が、5万円だったということだ。


「自転車だよ、自転車、通学に使っていた自転車、どうしたよ、あれ」


「は、自転車?捨てた、駅に」


「なんだと、もう1回言ってみろ」


「捨てたよ、駅に」


このガキふざけやがって、言うに事欠いて捨てたとは何だ、捨てたとは。


下の子の家出でさんざん振り回され、疲れ果ててはいるけど、これは聞き捨てならい。


「おい、原付乗っていい気になってっかもしれないけどな、お前に買ってやった自転車は、そんな簡単に捨ててもらっては困る代物でね」

みんなの読んで良かった!