【第44話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。~最終話まであと3話~

1 / 2 ページ

前編: 【第43話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。~最終話まであと4話~
後編: 【第45話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。~最終話まであと2話~

下の子が家出をしてから上の子と2人暮らしになって、上の子とは一度大喧嘩をしたことがある。


年も押し迫った、寒い夜だった。


下の子の一件で、毎日イライラしていたことは否定しない。


原付を購入し、学校に行くのもバイトに行くのも原付を乗り回しているけれど、ふと、ある思いが頭によぎった。


「そういえば、高校入学の時に買ってやった自転車、どこ行ったんだ」


自転車通学のころは、家のガレージに自転車を止めていたけど、原付にその座を奪われてからというもの、すっかり自転車の影が見えなくなっていた。


友達の家にでも置いているのだろうかと、初めのうちは思っていたのだが、1カ月過ぎ、2カ月過ぎても、自転車が我が家に戻ってくることは無い。


高校入学の際購入した通学用自転車の来歴はこうだ。


大震災から続くゴタゴタで、仕事は安定せず金はなく、うつ病になっても何とか自力で克服し、どん底の時に2人同時に進学というタイミングが訪れ、貯金など1円も無く、進学にかかる費用は2人でざっと40万。


生活費もキャッシングでまかなうような暮らしの中、キャッシング限度枠目いっぱい50万の借金をして、なんとか進学の費用を捻出している。


その借金のなかから、通学用自転車代5万円も含まれていた。


通学用の自転車もピンキリではあったが、3年間ストレスなく通学してもらいたいという願いもあったし、高校に合格した上の子に対してそれなりのものを購入してあげたいという、ささやかな親ごころもあった。


僕にとっては大変な出費、清水の舞台から飛び降りる覚悟で借金し、5万円という大金をはたいて自転車を購入したのだった。


僕が言っているのは、5万円という金額の話ではない。


借金をしてでも買ってあげたかった、3年間乗るであろう父親としての精いっぱいの至らぬ思いが詰まった自転車が、5万円だったということだ。


「自転車だよ、自転車、通学に使っていた自転車、どうしたよ、あれ」


「は、自転車?捨てた、駅に」


「なんだと、もう1回言ってみろ」


「捨てたよ、駅に」


このガキふざけやがって、言うに事欠いて捨てたとは何だ、捨てたとは。


下の子の家出でさんざん振り回され、疲れ果ててはいるけど、これは聞き捨てならい。


「おい、原付乗っていい気になってっかもしれないけどな、お前に買ってやった自転車は、そんな簡単に捨ててもらっては困る代物でね」


「はぁ、知らねぇよ、何の話だよ」


傍若無人、好き勝手振舞う怖いものなしの高校2年生の上の子には、もはや自転車のことなど頭にないようだった。


「おい、俺たちがどんな思いでここまで生きてきたか、お前は知らないのか・・・お前に買ってやった自転車はなぁ、散々苦労して」


上の子は僕にすべてをしゃべらせることなくこう言い放った。


「お前の苦労話は聞き飽きたよ、もううんざりなんだよこんな暮らしはよお」


下の子の件で毎日イライラしていたことをもう一度付け加えた上で、2階に上がろうとする上の子の服をつかみ、したたか下に引きずり下ろした。


「なめた口ききやがって、一人で何にもできないくせに偉そうなこと言ってんなよ、てめえに俺の苦労の何が分かるんだ」


このころすでに身長は190センチに届こうかというほどに成長していて、体格ではもうかなわないことは歴然としていたけど、服が千切れるほどに引きずりまわして、感謝の気持ちが足らぬ上の子に暴言を吐いた。


上の子は関わるのも面倒だといった雰囲気で「うるせぇ、黙れ」と言って2階に上がっていってしまった。

単純に力だけなら、すでに父親よりも上だということを、彼自身もとうの昔から理解していたに違いない。


その時に、ふとこんなことを言ってしまったのだ。


「お前も俺に遠慮しないで、母ちゃんとこ行きたかったら行ってもいいぞ、この家が気に入らないなら、出て行けよ」


と。


その時はそれで終わったのだが、この一言を言ってしまったことが気になっていたことと同時に、上の子はなぜ母親のところに行かずにここにいるのだろうかという疑問がわいてきた。


ここでの暮らしがうんざりだというのなら、なぜ行かないのか。




数日後、ケンカのほとぼりも冷めたころに、上の子を飲みに誘ってみた。


2人で出かけるのは本当に久しぶりで、本来気さくな上の子は、何事も無かったかのように一緒に来てくれた。


近所の居酒屋に入り、この前のケンカをお互い詫びて、乾杯した。


「ところでさあ、この前ケンカした時この家出てけって言ったけど、なんでお前は弟と一緒に母ちゃんのところに行かなかったの?」


ビールを一口含み、酒の力と、この雰囲気を借りて聞きずらいことを聞いた。


「誘われたけど、行かないって言った、あいつは行っちゃったけど」


「そうなんだ、何かあったの?」


「何かっていうか、俺も何となくは分かってんだ、なんで父親に育てられてるか」


この際だから、こいつにはここで言おうと思った。


「親権を主張してもなお、母親が子供を引き取れない理由は限られてる、お前の友達でも母子家庭はいるけど、父子家庭は俺たちだけだろ」


「そうだね」


「男は子供引き取れないんだよ、どう頑張っても。裁判で争っても、母親が子供を引き取りたいと言っていたら、男は子供引き取れないんだ」


「そうらしいね、何となく知ってる、調べたから」


「例えば、俺が大金持ちとか、親が金持ちとかさ、父親が引き取ったほうが良いとされるような何かがあればね、子供の利益になるようなことがあれば、それはまた話は別なんだけどさ」


「うん」


「またこんなこと言ったら怒るかもしれないけど、俺たち、そんなんじゃないじゃん。俺には親もいないし、頼れる身内もいない。今までに俺以外の誰かがお前たちのこと育ててくれたことあったか?」


「ないね、一度も」


「3人で暮らして来たんだよ、働けもせずに金も無くて、テレビも車も無い生活で、給料日前はご飯もろくに食べられなくなってさぁ、でも何だかんだ生きてたんだよな」


「そうだね、言いたいことは分かるよ」


「俺、別にお前たちを育てるにあたって、何か特別なアドバンテージがあるなんてこと一つも無いよ、だけど俺がお前たちを引き取って育ててる」


「うん、それは分かってる、だから今さらママのところで暮らすのは、違うと思ってるよ、俺は」


「そうか、分かってんだね・・・」


「あいつは分からないんだよ、欲しいもの買ってもらっていい気になってるから、分からなかったんだね、結局」

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。