MOOCを受講してみて。時間があるならやるしかない。

MOOC。Massive Open Online Course、日本語ではムークなどと呼ぶ。インターネットを利用したオープンな講義のこと。大部分は「無料」!

代表的なものとしては、スタンフォード大学が中心のCoursera(コーセラ)と、マサチューセッツ工科大(MIT)とハーバード大学が中心のEdex(エデックス)。

どちらも講義が一コマ15分程度に分割されていて少しずつ見る事ができる。Yutubeだと思えば間違いない。

講義は大分部が英語。フランス語や中国語と言うのも大学によっては有る。

講義録が有るので聞き取れなくとも読んで理解は出来るが効率は悪くなる。

一コマは15分だが大体一週間に4時間以上必要。

演習である程度以上得点する事が求められている科目の場合、より集中と時間が必要になる。

面白いのが演習を生徒同士で評価する場合があること。本当にクラスでやり取りしている感じを味わえる。


Courseraでのお勧めはペンシルバニア大学ウオートン校というトップビジネススクールの初級コース。

Finance、Accounting、Marketing、Operationの各分野を完結に学べるのでお勧め。

専門的なコースもあり、私の場合、臨床関係の統計を学びたいと思っていたのでジョンホスキンス大学の臨床科学や統計学のコースを取りました。

Edexでは一般教養の様な科目。ロジスティックスの様な専門的な科目。両方を取りましたが、後者は思ったよりタフで統計が専門であった私でもギリギリパス。かなり時間を使います。

またプログラミングのコースも豊富。フリーウェアを中心に使用するので手軽に始められます。


英語のヒアリングの練習半分、知識の更新・追加を半分と思って取り組むと良いのではと思います。

兎に角、無料で世界の有名大学の講義や最新の知識を得られるので、やらない手は無いと思います。


因みに最近は日本の大学や資格学校の一部でも同様な試みを始めているとか、興味がある方はJMOOCのウェブサイトをお尋ねください。




著者のTachibana Toshiyukiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。