文系の人が、30代で英検1級、50代で京大数学が7割とれるようになった独学の方法。

1 / 2 ページ

文系の私が、30代で英検1級、50代で京大数学が7割とれるようになった独学の方法。

 私の指導させてもらっている優秀な理系女子(京大「医学部」に合格するようなレベルの方)の中には、学校には通っているけれど、独学で勉強している子が多い。

「だって、私の競争相手は開成とか灘高の生徒でしょ。あの子たち、高校二年までに全部終わらせて、高校三年生は過去問ばっかりやってるっていうじゃないですか。県立高校のカリキュラムどおりでは、とても勝てない」

 もちろん、誰にでも使える方法ではないけれど、トライする価値はあると思います。学校の授業進度は無視して、独学でやる。でも、その方法が分からない人は多い。

 私は文系の英語講師を長年やっていましたが、、塾生の子の中から「高校数学も指導をお願いしたい」とお願いされました。10年以上前のことです。だから、50歳にもなって京都大学を7回も受けることになったわけです。

 卒業して30年も経っていたので、独学でやるしかありませんでした。私や私の生徒がやってきたこと、やっていることは、だいたい以下のようです。

 まず、教科書でも参考書でもいいので、用意します。私は「オリジナル」を用意しました。現役の頃から、30年も過ぎているから忘れていることも多いし、内容も一部変わっている。それに、文系の私はそもそも「数Ⅲ」は授業を受けたことさえない。

 だから、解けない問題、解説を見ても何を言っているのか分からない問題がでてくるわけです。そういう時は、yahoo質問箱やYoutubeの動画による授業動画を見て考えました。

 私は塾を経営しているので、同業者のことがよく分かる。だから、学校で授業を受けている現役生が、同じような授業を塾や予備校で受けるスタイルはムダだと考えている。DVDなど意味がない。今は、無料で動画授業がいくらでもあるわけだからね。

 私の場合は、四日市高校で上位一ケタに入るような子が何人もいてくれたので、彼や彼女の情熱、犠牲、勉強法なども参考にしました。

 それでも、オリジナル、1対1、チェック&リピート、赤本を2周するには、それなりの時間はかかりました。私は酒、タバコ、ギャンブル、女遊びが嫌いだから、犠牲とは思わないけれど、そういうことは一切しません。

 ふつうのオジサンがやりそうなことを全て捨てて、時間もお金も数学に賭けました。楽しかったです。塾生の方や、保護者の方に信用してもらうためだけではなく、自分の成果を確認したいのでセンター試験や京都大学を受けました。

 おもしろかったです。

 自分で添削を行う予定だったので、Z会を8年間やりながら指導方法や教材を研究しました。京大模試も10回受けました。今は便利な時代なので、いろいろ独学の方法はあります。使えるものは全て使う必要があります。

 繰り返しますが、一番たいせつなのは「動機づけ」です。ヤル気です。精神力です。「1人で勉強するなんて、ムリ」とやり始める前に勝負から逃げてしまったら、お終いです。でも、そういう人が99%。

 やり始めて、その困難さにビビって立ち止まる人が、この1%のうちのさらに99%。だから、私のようにやりきると、珍品というか変人になるわけです(笑)。

秘伝のように独学の方法を隠す必要もない。 オープンにしても、実行できる人は限られているから。

 私は、そういうチャレンジャーの子たちに手を貸す塾を設計してきたつもりです。全員が成功するとは思わないけれど、

 では、99%の人たちは、どうしたらいいのだろうか。私の塾生にも、普通の子たちがいる。そういう子たちも、勉強方法は同じスタンスが望ましい。つまり、学校のカリキュラムは関係ないと思った方がいい。

 方向は、逆方向ですが。

 学習進度は、中学校では統計的な平均に合わせてあります。高校では、レベル別。いずれにせよ、学校の授業進度は、だれにも合っていません。「そんなことを言っても、試験日は設定されているのだし」という反論はよく分かります。

みんなの読んで良かった!