貧乏母子家庭を苦に自殺をしようとした小学5年生が思いとどまって将来年収1000万プレーヤーになって毎日楽しく生きてる話1

現在日本におけるシングルマザーの数は、100万人を超えているそうです。ということは、世の中に、母子家庭で育つ子供は、200万人くらいか。

僕が 子供 だった 40年前は、いまと違って なかなか 女性の 働ける場所もなく あっても 男女機会均等法のできる はるーか 昔

 女性は お給料 も 安く 家庭でいやなことがあっても自立することが出来ず、我慢するしかなく、いまほど母子家庭はありませんでした。1クラス45人の時代、母子家庭の子は、3人くらいだった気がします。現代と違ってレアな存在でした。



ただ うちの場合は 父が 働かず ギャンブルに 打ち込んでで 元々 父の お金は あてにせず 母は 働いていたので あっさり離婚しました 

そこへ 追い討ちを かけて わがままな 僕 

当時住んでいた家は 大変古く みすぼらしい 家 

「こんな家 住みたくないよー 」なんて言って 母を 困らせていました あまりにも 僕が しつこくいうもんだから 母は 安月給の中 ローンを 組んで 小さいながら 家を 建ててくれました 


思えば そこから 地獄は 始まったのです 

しばらくすると 毎月末に お金が 足りなくなって 親戚の家に お金を 借りにいくようになりました

 母が 頭を 下げている様子を 横で みる僕 

俺 が あんな ことを いったばっかりに こんなことに なっちゃった 泣

 新しい家に 住める 喜びの 反面 後悔の 毎日 

ここで わがままな 僕の 性格は だいぶ なおった 気が します 

著者の原田 明さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。