第107章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪ウンザリするような状況の中に今いても流れを変える方法ってあるの?

イメージ 1
「自分らしく生きる」と決めた時、運命は変わる ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

おはようございます。

「自分らしく生きる」と「自分で決める」

前半の人生はいろいろ試行錯誤してきたが

結局「自分の人生は前半の自分の体験・経験・体感を元に 自分が決めないと何も変わらない」と

気づいた3年前時 そこからまず一つのことが観えてきました。

「自分をきちんと知ろう」そして「知ったことを活かそう」と

そしてもう一つ今

「体験したことの判断・指標をより高めるために  本を読む必要性・・・見識を高めよう」と


もともと持った「宿命」のようなもの

人間分析学で言うと 3割の身体に組み込まれプログラミングされたDNA・細胞

これは一生変わらないし、変えられない素性

変えられないけれど知らないと「活かせない」

であるならその「素性」をいかに自分・ヒト・世の中のために

「活かす」には

「活かす」タイミングは人間分析学でわかります。が

活かす側の見聞・見識や見解は

学ばないとならない と 今年に入り「気づきました」

「古いもの」に私は縁があるという素性は

何だろうとずうっと考えていましたが

古典や歴史から学ぶ過去の偉人・伝記に繋がりました。

小学校の頃 読書は苦手だったけれど

偉人や伝記は好きで沢山読んでいたこと思い出し

「人物」を古典や歴史から学ぶことが

理由はわからなけれどとこか懐かしく

「自分らしく生きている」気がする

運命を変えようと強く思わないけれど

「時流」「自流」は 分析学でも

自分次第でどうにでも、いくらでも「意識」で

知り行動すれば変えられると


3年間続けた「自分探し」のタイミングでの旅

旅というと「漂流」という言葉があるように

人は「漂う」「流れる」という漢字のごとく

当てもなくさすらったり、漂ったりして流れている

前半の人生は全てそれは自分とより善く生きるため

体験・体感する「糧」として

後半の人生は

前半の人生の「糧」を元に

自分の適性や素性を正しく知り活かす

そのために「糧」という経験則・経験値を元に

それが 「自分らしく」生きると決めることかなぁと

そして後半の人生は「漂流」している時間はないと

まず気づき

「自分」を正しく知り自分の大切にしたい価値に向き合い

「自分軸」を決めて行動すると「決断」すること


何をするかを決断するのでなく

「自分軸」を決めて行動すると決めることが

「決断」することで

「自分らしく生きる」ということなのかなぁと

「雑多」で「ごちゃごちゃ」した情報化複雑化した今の時代

自分の価値知り 自分軸 を持っていないと

「後半の人生」はより「漂流」してしまい 自分も自分の人生も「遭難」してしうという最悪の結末が

私は何としてもそれだけは避けたいと 「絶対嫌だぁ」 自分も自分の人生も 「せっかくこの世に生まれてきてそれは「もったえない」と




偉人たちの一日一言 平成28年6月27日(月)


人生は自分の手の中にある

 人生というものは、  今日と明日が我々の手の中にある。

 過去のことはいかなる失敗も成功も、  手を離れておるのであります。

 今日と今日から以後のことは、  とにかく手の中にある。              

 ・ ・ ・

 人生にとって最も望ましいことは、  とにかく実行することである。

 しかも今日から実行することである。              





http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/87/17/designedfor_ks/folder/243486/img_243486_1535284_2?20060519075003.gif

著者のあっきー あっき~さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。