十年と少し、前のこと。別れても、ひかれあう。

「同じ空の下にいる、って言うじゃない?


古びた実家のベランダで、淡い夕焼けを眺め風にふかれながら、

何故か不意に、君がとても幸せになったように感じた。


そして、翌春の卒業者名簿に、姓が変わった君を見つけて。

俺って、案外捨てたもんじゃないな、って思ったよ」





未だこの人生で一度しか使ったことのない、新御徒町駅。

我が目を疑う、君がいる。

いや、相違ない。五十米先から一瞬でこの眼に飛び込んで来たんだから。


扉が閉まり、はしりだす大江戸線。ほんの僅かな逡巡は、破棄。

四つの扉を越えて君のもとへ。良かった、隣はあいている。


自分でも不思議なほど、軽やかに挨拶をしながら座り、

彼女は驚きながら、にっこり微笑む。 …女って、強いな。


少し世間話、そののち僕は訊く。

「今はYさんだっけ?

        うん、知ってるよ、名簿、見たから。


春日駅。

ここで下りるね - ああ、実家行くなら、そうだね。


「伝えようか迷った、でもできなかった。

 貴方が知っていてくれて良かった」


その言葉に戸惑いながらも、僕は笑って手を振って別れる。

男だって、ちょっとは強い。



著者のOhki Temmaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。