第112章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪ウンザリするような状況の中に今いても流れを変える方法ってあるの?

 早くも 今年の前半は「本日」で終わり

 ちょうど一か月前の5/31日

 自宅は「雨漏り」があり・・・・

 自分に必要なコトは必要なタイミングで起きる

 「必然」と「因果」を痛感せずにはいられませんでした。

 詳しいことはここでは割愛し

 本題に・・・


 人生は「決断」⇔「精算」その上で「実践」「行動」

 ただし

 「決断」と「精算」する「タイミング」がこと重要で

 いつでも・・・というわけではないということ

 人間分析学で出会い 知ってから

 自分の人生の流れのその通りに3年半やってみて

 人にはそれぞれ「決断」「精算」の時期が決まっていて

 その時 「決断」「精算」しないと

 「決断」「精算」しても無意味とまではなく言わないけれど

 「それする最適なタイミング」がそれぞれにきちんとある

 ということを知り実践するだけでも

 人生の流れは 行動や実践が 無理なく、無断なく、むらなく

 効果、成果、結果は「最短」「最速」「最良」「最善」「採高」「最大」

 自分と自分の流れを知り実践、行動することが

 自分が「最適」つまり自分に「合っている」「相応しい」から

 「自分らしく」ふるまえて・・・

 自然体でストレスなく

 そり理由はシンプルで「自分の身体/細胞に合っているから」


 特に言えるコトは自分の「精算」のタイミングって

 自分の身体が「精算」したいモードになっているということ

 そして「精算」後 

 身軽になり すっきりし 身体と思考がクリアになり

 その上で 行動、実践していくと

  精算せず モヤモヤした中でやみくもに「行動」「実践」を

 するより 全てにおいて 精算してからの方が結果が良いのは



 私の友人が先日面白い話をしていて・・・その話とつながりました。

 その友人は「美容・健康」マニアで

 パート代・生活費を「美容」と「健康」に直結したものに使い

 何でも「半年」は必ず続けてる決めていて

 「半年」実践して「結果」がでないことは潔く「辞め」「手放し」

 次に行くと。

 それが自分の「納得」と。で・・・

 結局はどんな「健康」も「美容」も

 ある人にそれが合い、ある人にはそれが合わないと

 いう「真実」が存在するので

 人の話は「事実で一理ある」し

 「人の話は鵜呑みにしない」

 人とそのモノを疑ってもキリがなく、信じるには至らず

 落としどころは「自分自身が試し結果を見る」しかないと。

   なんにでも言えるコトですが

 自分が「決めて」自分が「実践し」「結果を見て」「決断する」

 つまりバリバリやる仕事に限らず

 普通の主とて無意識に「PDCAサイクル」をやっていることは

 自信を持って話ができるということ

 つまり モノごとは複雑化せずとも

 「シンプル」で

 「自分の決断」「自分の実践」そして「自分で精算」 ←その順番は人それぞれ

 これ以上の「自分の納得」はあるでしょうか。

 それを私は自分の身体に合った「タイミング」に焦点を充て

 やみくもや思いつきや行き当たりばったりな

 感情に左右されやすい「自分」の素性を人間分析学で知り

 その解決策も併せて

 「より効果」がでる自分に合ったスタイルは・・・

 自分の身体・思考つまり

 感情という気持ち「思い」ではなく

  自分の「身体」「細胞」に

 「タイミング」を合わせることで

 自分のサイクル通り3年半実践し・・・なるほど 

 自分の人生とは自分に合う、相応しい、らしい からこそ

 「効果」「成果」という「結果」がきちんとでるし出せると

   無意識の「PDCAサイクル」というを自然に実践していた中で

 気づき学びました。

 

 

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。