「なぜ、カメはうさぎとのレースに海を選ばなかったのか?」

先日、尊敬する知人が放った問答だったのですが、

「なるほどなー」

と納得していまいました。


「なぜ、カメはうさぎとのレースに海を選ばなかったのか?」


物語上、カメは勝つことが出来ましたが、

これって現実でやったら、

かけ離れた結果が待っているでしょう。


リアルに考えるなら、

カメが堅実に勝つ方法は、

「海でレースをする」

ことなんです。


こんなこと言ってると

頑張ったカメに怒られそうなのですが、

実は僕も「陸のレースに挑むカメ」でした。苦笑


就活時の僕は、

前歯がかけてるというコンプレックスによって

人の目を見て話す事もできないのに

MRというコミュニケーション能力を高く求められる仕事

とにかく応募していたのです。


当然、面接は全滅・・・

(まあ、面接ですら、上手く話せてなかったですけどね。笑)


しょーがないから、

別の職種を受けてみる。


すると、、、

意外や意外、一切パソコンなんてやったことないのに

SE(システムエンジニア)という職種では

面接をスルスル通過するわけです。


もちろん、面接も相当数こなしていたので、

慣れもあるのでしょうが、

やはり、「営業」と「SE」を比較して

適正な方で選ばれたのだなーと

今になって実感しています。


当時の僕にとっての

勝てるフォールドは、人前ではなく、パソコンの前だった。笑


聞けば、「そんなことか」

な話かもしれませんが


でも、これと同じことに

多くの人が陥っているのかなとも

感じています。


・人見知り・コミュ障なのに

 営業や接客の仕事をしている


・社交的で人前で話すことはお手の物!

 なのに、机にかじりついてPCを叩いている


なんて状態です。


自分の才能をフルに発揮できるフィールドで勝負すれば

もっと魅力的な結果を出すことができるのに。です。


自分が苦手な場所で頑張って、

悩んでいる人が多いのかなーと。


もし、今の現実に窮屈さを感じていたり、

思い描いていく結果が得られずに不安を抱えているならば、


ひょっとしたら、

「陸でレースを受けるカメ」

なっているかもしれません。


あなたには、あなただけの才能が、強さが、適正が

絶対にあると僕は思っています。


自分の心に問いかけてみてください。


・自分の好きなことって何だろう?

・自分の得意なことって何だろう?


って。


是非、あなたが輝く場所を

見つけて見てください。


ありがとうございました。




みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。