10年振りの天国からのメッセージ

1 / 3 ページ

前編: 映画スポットライト世紀のスクープから考えたこと
後編: 写真家 長谷川美祈さんの「児童虐待可視化プロジェクト取材・撮影」を受けました

もし今も生きていれば、今年Mちゃんは29歳・Aちゃんは27歳になります。

2016年6月28日 下弦の月

就寝前にWaning Moonのハーブティーを飲んだ。

一昨日、引き出しを整理した時にパスワードが分からないまま数年放置しているメンバーズカードが出て来た。

頻繁には使用しないのだが、必要な時は困る。

年に1度も使わないこともあるけど。


IDやパスの紛失などの対応が電話連絡しかない。

補聴器をしていても電話が聞き取れない私は、連絡をすることができない。

その内メール対応もしてくれるかも知れないと自分に言い訳をしたり、

必要な度に迷い往復はがきを買ったこともあったが、面倒で書かず終いだ。


いつだったか思いつくパスワードを紙に書きながら数時間格闘するのを数日繰り返したこともあった。

「今度こそ 往復はがきを出さないと」

そんな思いでカードに印字されたIDと、ケースの中で歪み滲んでしまった油性ペンの自分の名前を見ていた。


「無理だよね。」と思いつつ…もう1度だけやってみようかな?と軽い気持ちでメンバーズページを開いた。


頭では具体的に考えず…指が勝手にパスワードを入力していた。

















ログインできてしまった!







みんなの読んで良かった!