「保険金詐欺」


ロールスロイスにBMW750 をぶつける仕事だった。
仲良くしていた板金屋の社長からの依頼。
女と箱根に遊びに行った帰りに、峠で濡れた落ち葉でスピンし、ポルシェを崖から落としたらしい。
幸い二人に怪我はなかった。
「ポルシェの修理代が必要だ。それなりの小遣いはやるから」
横浜のとある新興住宅地の道路でそれは実行された。
わき見運転したために、路肩に駐車してあるロールスロイスに気づかず、右リアフェンダーからドア2 枚、フロントフェンダーまで強めにこする計画。
ロールスロイスの塗装は特殊で、非常に厚みがあり仕上がりも相当なものが要求される。
それだけに板金塗装代を高く見積もれる。
おまけにBMWの板金代も取れる。
板金屋の社員が路肩にロールスを止める。
右折して走ってきたBMWが徐々に左に寄っていく。
ここまでは計画通り。
ロールスのリアフェンダーに当てた瞬間、びびってブレーキを踏んでしまった。
この仕事にやり直しは無い。
警察に事故証明を出させ、保険会社に見積もりを出し、サービサーに確認させ…。
とてもポルシェの修理代には及ばなかった。
「今度は人身事故でやるしかないな」と笑い話をしていたが、私はもうやる気は無い。
私は堅気だ。

カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者のさとおじさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。