「彼女がもらったプレゼント」


彼女が友人から誕生日プレゼントをもらった。
「何だと思う?」と聞かれたが、想像がつかないので見せてもらうことに。
彼女はおもむろに押入れから取り出し、私に突き出した。
かわいいぬいぐるみのようなポーチの中に入っていたものは、1ダースのコンドーム。
オイオイ、37歳の私にそんなにがんばれと…?
プレゼントしたのは、まだうら若き20歳そこそこの女の子たちだ。
まぁ、私たちの関係を知っていて、半分シャレのつもりだろうと思うが、ホントに半分シャレで半分本気で受け取ってしまう。
笑えるような笑えないような…
デザインはかわいい。夜光、蛍光で、暗いところでも位置確認が容易だ。
しかし、厚い。
早めの人にならいいかもしれないが。
ちなみに私の愛用は、0.02㍉のポリウレタンだ。(ちょっと話が生々しいか)
予備として置いておこう。
話は急に変わるが、彼女の友人が私を見た第一印象は、「なんか軽そう」。
だそうだ。
つきあってもいないくせに、余計なお世話だ。
見た目ほど、俺はそんなに軽くないよ。

著者のさとおじさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。