「ハッピーエンドは人それぞれだ。」-ワンス・アポン・ア・タイム4 ルンペルシュテルツキンのセリフよりー

1 / 2 ページ

ハッピーエンドは人それぞれだ。ーワンス・アポン・ア・タイム4 ルンペルシュテルツキンのセリフよりー






物心ついたころから、童話や絵本が大好きだった。共働きの両親、祖父母も働く自営業で、両親や祖父母が仕事が終わるまで事務所の和室で本を読んだり、事務員さんと過ごしてきた。






小さい頃、悪役が可哀想で泣いてしまったこともある。悪役は、相手が嫌がることばかりするし、ヒーローはいつだって読者の希望に応えていた。




ワンス・アポン・ア・タイムを1からみていて、衝撃だったのは、悪役の悪い女王も闇の王も、心の弱さや自分だけの不遇に嘆いていて、怒りが外側に向かって発信していた。






ヒーローへ。


いつだってハッピーエンドになる、ヒーローへ。



 





これは、私達にも言えると思う。






ママ友しかり、友達しかり。






ストーカーやイジメの根底もこれなんじゃないかなと思う。










誰もがハッピーエンドになりたい。




それは、当たり前の感情。






そして「自分が幸せなら、意地悪をしなくなる」ということ。




ここかポイントで。






意地悪している人は、認めたくないだろうけど、ハッピーエンド、いや、幸せになれてないってことなんだと思う。








そして困ったことに






「ハッピーエンドは、みんな違う」




「何に幸せを感じるかは、みんな違う」ということを、踏まえた上で。




経済力に幸せを感じる人、海外旅行に幸せを感じる人、子どもを妊娠、出産することに幸せを感じる人。家族や友達と過ごす時間、心が満たされていれば、人はハッピーエンドになっていれば・・・。
















ただ難しいのは


自分のハッピーエンドが人のバットエンドのときもあると思う。



著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。