「桜」

夜桜。
いいもんだ。
歳をとると、今まで気づいていても、気づかないふりをしていた自分の感情に対してだんだん正直になってくる。
まぁ、もちろん歳をとった証拠でもあるのだが…
ずっと突っ走ってきて、そこに確かに大切なものが存在しているのに、大切にしているふりをして、カッコつけて、わかったような顔して、背伸びした台詞を口にする。
そうしないと、給料がもらえなかった。
たぶん、今でも自分にはそんなところがあるのだろう。
寂しがり屋のくせに、見栄っ張り。
今日の桜のほうが、私なんかよりよっぽど立派だ。
美しく、儚く、そしてしっかりしていた。


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。