世界を変えた2016年6月に食べた料理

おはようございます。こんにちは。こんばんは。

世界を変える男、紺ナムです。

2016年6月に食べた料理というお題をいただいたので書いてみます。

ビックマック大好き!

今年の5月、友人が死んだ。

これは、俺の世界観を決定的に変化させる出来事だった。

余談になるが、彼の死のおかげで、Positive Mental Attitudeを実践できるようになった、

彼が死んでから、めちゃくちゃ泣いた。2週間ばかり、毎日泣いていた。

人前でも関係なしに、声を上げて泣いていた。

ご飯も口にできなくなっていた。食べられるものは液体だけ。

生卵6個をロッキー飲みし、プロテインを牛乳で割って流しこむような生活になっていた。

いい加減、こんな生活はやばいと感じていた。

「何かを食べねば。何を食べればいい?」わからなくなっていた。

そんな時に閃いた。

「子どもの頃に、大好きだったものを食べればいいじゃないか……!」

俺はある場所に走った。

ケンタッキーフライドチキン! そして、マクドナルド。

共働きだった母が、たまに仕事帰りに買ってくるジャンクフードはご馳走だった。

家族で囲んで食べたジャンクフードは大学生や社会人のときに食べたジャンクフードと味が違かった。ものすごく美味しかった。身体には悪いかもしれないけど。

買ってきたのは、ケンタッキーフライドチキンでチキン5Pとマクドナルドでビックマックを2つ。コカ・コーラ1.5lペットボトル。準備は整った。

集中して、おいしく食べるために自室の机に広げた。

フライドチキンとビックマックの匂いが部屋に充満する。

うまそー。

まず、チキンにがぶりつく。「美味い! 美味いぞ!」。チキンの油をコカ・コーラで洗い流し、ビックマックにかぶりつく。「このシャキシャキ野菜とハンバーグ、ソースとチーズサイコー」ムシャムシャ1個食べる。

そして、またチキン、コーラ、ビックマック、コーラと繰り返した。ただ、チキンを2個食べた段階で、限界だった。だけど、身も心も大満足だった。

次の日も、子どものころに大好きだったクリームソーダを作って飲んだ。食欲は回復していった。具体的には某駅の唐揚げそばとか、ラーメン二郎とか、カツカレーとか、オムシチューとか、ラーメン、子どもの頃から大好きなものを食べまくった。

嫌なこと、辛いことがあったときは、体に悪いとか一切無視して、子どもの頃に好きだったものを食べるのがいい。

子どもの頃に感じていたことは、自分の今見えなくなっている純粋な価値観につながっている。それを認識することによって、俺は前に進むことができた。

みんなも、嫌なこと、辛いことがあった時には、子どもの頃、好きだったものをかきこんで、気分を変えてみてはいかがだろう。

長文を読んでいただき、ありがとうございました。

世界を変える男、紺ナムでした。また、会いましょう。


みんなの読んで良かった!