京大英語で8割、京大数学で7割をとった方法

1 / 4 ページ

京大英語で8割、京大数学で7割をとった方法

1、英検1級、通訳ガイドの国家試験に合格して分かったこと。
  京大受験生を指導することを想定して、自分の塾を始めた時に最初にやったのは英語検定1級に合格すること。英語力の証明をしておかないと納得してもらえないとの考え。私は、名大「教育学部」の出身だから、それだけでは説得力に欠けるからだ。
  しかし、1級の過去問をやって分かったが、全然「実用」英語検定ではない。実際、ネイティブに見せたら「なんで、日本人のおまえがこんな問題をやらねばならないの?」とか「アハハ、これはシェークスピアの時代の英語だ」と笑われた。
  英検は、TOEICに押されているが、当たり前だ。

2、アメリカの中学校で教師をして分かったこと。
  最初、ボクが授業をすると、ネイティブが私をとめて「今、ミスター・タカギの使ったtんごはね、・・」と説明を始めることが多かった。それで、同僚のアランに理由を尋ねたら「お前は、big words を使いすぎ」と言われた。
  高校入試や大学入試で覚えた単語の多くは、現場ではほとんど使われない単語であると分かった。

3、Z会を8年間やって分かったこと。
  ネットを使った通信添削を計画していたので、手法を盗んでやろうと思った。「京大即応」を受けたのだが、毎回添削者が変わるし、質問できないし、返却は遅いし、なにより「誰が添削しているの?」という状態。
  「本当に、このアドバイスどおり書けば8割越えるのかな?」
  そんな疑問が常につきまとった。だって、私自身が1級を持って、名古屋の有名予備校や塾で指導していたのだからね。

みんなの読んで良かった!