『魂の赴くままに、ただ直向きに。』

1 / 5 ページ

前も同じようなことを

書いたかもしれない。


きっと人間一人じゃ生きれない。

そんなのウソだって

ずっと思ってた。


私の人生は決して平たんじゃなかったし、

なんで生まれてきたんだろうとか

死んだ方がましだって

ずっと思ってた。


音楽と出逢うまでは。


私が音楽にそこまで思い入れがあって

そこまでこだわる理由は、

音楽が私を救ってくれたから。


断言できるんです。

音楽がなかったら

私は小さく、ぷかぷか浮かぶ魂

を肉体という被りもので包んだ

だけの人形で、からっぽだ。


人間なんて大嫌いだった。

ただただ利己的で汚い

生き物だと思ってた。


でも逃げ場だったはずの

たった唯一の救いの

音楽が教えてくれたのは

皮肉にも人の温かさだったり、

音楽がそのように、

全てが1つの輪で繋がっていて

支え合って、生きているんだな

っていうことだった。


他人の力なんて借りなくても

自力で生きていけると思っていた。

だから皆から少し離れて歩いていたかった。


でもそれは大きな間違えだったな。


みんなの読んで良かった!