夏は来ぬ

いよいよ本格的な夏到来!

クーラー無しの生活をどう乗り切るかと思いきや、それどころではない。涼しすぎる。

早朝、川のせせらぎと野鳥の声で目が覚める。窓を開けるとなんとも清々しい空気がいっぱいそれらの音を連れて入ってくる。川側のベランダに小さなテーブルを置いて、モーニングコーヒーを一杯。のどかで、のんびりと時が流れているのだ。こんな時人は何を考えるのだろうか。昔の思い出に、幼いころの田舎の風景を思い浮かべ、懐かしい友人のことなど思ってみる。一人の至福の時間である。

 

そんな中、この1か月は忙しかった。友人が3人、2泊のステイをし、庭の畑の採れたて野菜のサラダをつくり、温泉スパに出かけ、海を眺め、山を散策した。友人たちが帰った後は、5歳の孫が一人で滞在。1週間近く居た。なんとその後、姉が連休を利用して、やってきた。のんびりなどしていられない。

 

畑では、毎日キューリが2-3本収穫できる。ナスやトマト、トウモロコシ、しし唐、ピーマンが一気に収穫。狭い畑にはそのほかにも、サニーレタス、水菜、ルッコラと成長しているため、毎朝、巡回を欠かせない。今話題のエゴマも栽培して、毎日収穫。もー目が離せないのだ。

 

7月7日は我が家の愛犬レイジーが3歳になった。まだまだやんちゃな女の子だが、元気に一緒にいられることが何より嬉しい。

 

宇佐美のビーチには、海の家もたち並び、間もなく海水浴客で賑わうのだろう。

初めての夏をこの地で過ごすことになる。

著者の杉澤 三穂さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。