『今を生きるとはどういう事だろうか。~世界的名作に学ぶ~』(2011年版)

1 / 5 ページ

皆様、こんにちは。

突然ですが、私は衝撃を受けました。

8月1日に、友人とハリー・ポッター最終章を

観に行ったのですが、気が付けば、

ハリー・ポッター・シリーズが本として

この世に登場し、早13年の月日が経ちました。

私事では御座いますが、

私とこの物語の勇敢な主人公ハリー・ポッター

とは、1989/7/31生まれという、全く同じ

日に生まれます。

これは、ハリー・ポッターの作者

J.K.Rowlingの誕生日であり、

つまり「ハリー・ポッター」とは

彼女の自身のヒーローなのです。

私はこんな素晴らしい作家の方と

同じ日に生を受けたことを誇りに思って

いると同時に、母にとても感謝しています。

最終章。

改めて、素晴らしい作品だと実感しました。

嗚咽する程の私の号泣ぶりに、

友達もびっくりでしたが笑

1話を観た頃はまだ12歳で

本を読み始めたのは小学校の頃でした。

映画では、あれから10年。

物語の中だけでなく、

私自身を振り返りました。

ちょうど10年後の今現在が、

ちょうど人生のまた一つ、

大きな分岐点に差し掛かっている事も有り、

感慨深いものが込み上げてきます。

私はハリーの様に、立派に成長できただろうか?

何か、成し遂げる事が出来ただろうか?

そうそう。

みんなの読んで良かった!