GHOST (1990) : 脚本術におけるSlingshot

1 / 2 ページ

1990年Best Movieによく選ばれるGhostを2016年になって、初めて観た。

Film Schoolに通ってた時、脚本術の授業でGhostが例えられていたのを思い出したのがきっかけ。

観てよかった。


脚本、cinematography、編集、演出、すべてにおいて、うまい。26年前の作品なので、時代は感じるが、飽きることは一切なく、ずっと興味を引かせてくれた。Demi Mooreがヤバかわいいからってのがデカイけど。

この作品に携わった人たちは師匠にあたるわけで、彼らの仕事を分析できて、film schoolが懐かしくなり、少し若返った。




Scene Breakdown(4scenes)


超っラブラブカップルのSAMとMOLLY。同棲を始めて日が浅い夜。


INT. BEDROOM - NIGHT

Sam and Molly are lying together silently. Molly gazes at him.

MOLLY
What's the matter?
SAM
The matter?
MOLLY
I can tell.
SAM
Nothing... really.
MOLLY
You're worried, aren't you? About moving in together?
SAM
No. Not really.
MOLLY
Then what? The promotion?
SAM
I don't know. A lot of things. I just don't want the bubble to burst. Whenever something good happens to me, I'm just afraid I'm going to lose it.

Molly gently strokes his head.

MOLLY
You know what?
SAM
What?
MOLLY
I love you. I really love you.

He smiles and strokes her cheek.

SAM
Ditto.


このシーンは、この先物語がどのように展開するかforeshadowをしている他に、脚本術における高度な技術を使っている。これをSlingshotと呼ぶんだが、4部に分かれて構成されている術である。その1部目がこのシーンに埋め込まれてる。Slingshotとはパチンコのことである。Y字の枝にゴムを装着し、小石を飛ばす道具。

このSlingshotの2部目は、ここから3分ほど先の次の次のシーンでまた現れる。



NYC屋外。夜。

SAMとMOLLYの劇場デートの帰り道。

MOLLY
Do you love me, Sam?
SAM
What do you think, Moll?
MOLLY
How come you never say it?
SAM
What are you talking about?
MOLLY
You say "ditto". It's not the same.
SAM
People say "I love you" all the time. It doesn't mean anything.
MOLLY
Sometimes you need to hear it.

Sam stops and stares at Molly. He pauses quietly. He is about to speak when

A MAN'S FACE emerges from the shadows behind him.

Molly gasps. Sam spins around.

AN INTENSE LOOKING MAN is standing in the darkness between two buildings.


この新たな人物の登場により、Inciting Incident (事件)が起き、物語がようやく走り出すのだが、slingshotの2部目が綺麗に収めてある。映画を見続ければ、いずれその意味もわかる。

ちなみに、Hollywood脚本では、新たな登場人物を紹介するとき、大文字で表記する。


そして、3部目。


SamとMollyは先ほど登場した人物に強盗され、その反攻でSamは命を落とす。Mollyを置いてけぼりにはできず、天国への道を拒否し、Samはghostとして下界に残る。そして、Samの背後霊のようにMollyを見守る日々が始まるのだが、Samを殺した強盗犯がMollyを狙ってることを目撃する。Mollyに警告しなくては。しかし、SamはghostだからMollyと会話ができない。幸い、Samの声が聞こえる占い師、ODA MAEが登場し、SamがなんとかOda MaeとMollyを対面させることに成功する。このOda Maeってのが個性溢れたキャラで、Whoopi Goldbergの演技により、物語のサスペンスを保ちつつ、明るい笑いを提供してくれるから、映画がさらに楽しくなる。


NYCのレストラン室内。昼。

INT. SOHO LUNCHEONETTE - DAY

みんなの読んで良かった!