生後1時間で、赤ちゃんがどうしてしゃべり始めたのか? 《驚異の胎教 vol.3》

1 / 3 ページ

これまでお話してきましたように、お腹の中からコミニュケーションをとって生まれてきた子ども達は、皆いつも穏やかで機嫌がよく、育てやすい子でした。


《vol.3》では、胎教で育てた子ども達に共通する、顕著な特徴と、その理由等についてお話してみたいと思います。



①夜泣きをしない

②発達が早い

        ☆身体機能

        ☆認識能力

        ☆言語能力

③穏やかで育てやすい

④上の子ども達との良好な関係



①夜泣きをしない


 子供を産んだことのある女性が、これまで一番苦しめられてきたのは、夜泣きではないでしょうか。



毎日、家事に育児に仕事にと目一杯働いて「さぁ寝よう」と思ったら、数時間ごとの授乳。

ベッドに寝かそうと思ったらまた泣き出す。

やっと寝てくれたと思っても一時間くらい経つとまた泣き出す。



「うん、うん、そう、そう、本当に大変なの。」

そんなあなたの声が聞こえてきそうです。

本当に辛いですよね。



でも、胎教をして育てた赤ちゃんに共通する、お母さんにとって、たいへん嬉しい特徴の一つが夜泣きをしないことです。


事実、胎教を実践した友人たちの子どもさんも、私の子ども達も夜泣きをしませんでしたから、ゆっくり寝むことができました。


夜ぐっすりと眠れること、当たり前のように思っていますが、産後のお母さんにとっては宝物のようにありがたいことなのです。



最近の研究によると、乳児の睡眠のリズムは、夜よりも昼の方が深い眠りにつき、夜中に浅い眠りを繰り返すため、夜中に何度も目を覚まして、お母さんを悩ますのだそうです。



ですが、お腹の中にいる時から、昼間お母さんの語りかけを聞いたり、歌を歌ってもらったり、絵本を読んでもらったりしている赤ちゃんは、生まれてきてからも、昼間起きていて、

〈夜中にしっかり眠る〉という睡眠のリズムが、既に出来上がっているのではないかと私は考えています。


そのお蔭で、胎教をしたお母さん達は、夜泣きに悩まされないですむのだと思うのです。

みんなの読んで良かった!