別居のあとさき

別居のあとさき


   もう20年が過ぎ、子どもたちも三人とも大学を卒業して社会人になった。そろそろ書いてもいいだろうと思う。

 もと妻と別居して数年後のことだった。母親のところに泊まりに行っていた長女が泣きながら戻ってきた。母親が、だれか男の人と同居を始めているらしかった。

「お父さん、こんなこと許せるの?」

 と、訴えてきた。私は言葉を失った。親というものは、自分のことより子どもの気持ちを優先するものだと思っていたが、見事に予想が覆ってしまった。この時が、私が離婚を決意した瞬間だった。形だけでも、母親の存在があった方が子供たちのためだと思っていたが、これではいない方がいい。

 娘たちの進学費用を確保するため、もと妻が持ち出した通帳から半分返してもらう必要もあったのだ。

 そして、一生結婚しないと決めた。母親が再婚して、私が再婚したら子どもたちの行き場所がなくなってしまう。それだけは、絶対に避けようと思った。

 別に、自分を犠牲にする覚悟をしたのではない。私は子供たちが幸福に感じることが自分の幸福だと感じるだけのことだ。

  塾は、30年間一度も赤字になったことがない。しかし、バツイチになった頃は子どもたちが大学に進学して、授業料と毎月の生活費の仕送りで家計は火の車だった。

 貯金をくずし、株を売り払い、政策金融公庫で融資を受け、それでもバブルが弾けて、少子化が進むため徐々に苦しくなっていった。それで、レイク、プロミス、アコムなどカードローンにも手を出して、最終的には審査も通らなくなった。

 家具をモノマニアに売ろうとしたら、

「10年以上過ぎたら、ガラクタです」

 と言われた。もう夜逃げしかないと覚悟したこともあった。

 私は、お金のすべてを子どもたちの学生生活を支えるために使っていたが、そんな生活では女性が受け入れると思えなかった。だから、再婚なんて夢にも思えなかった。

 長女だけが大きかったから気づいたようで

「お父さん、もう再婚してもいいよ・・・」

 と、言ってくれたことがあった。

   私は、中学、高校、大学を通じて時間の使い方を効率的にすべく鍛錬を積んできた。その技をフル回転して、英語講師から数学講師への転身を図って危機を乗り越えようとした。

 40歳の頃のことだった。入試の時のトラウマを乗り越えて数学に取り組むしかない。そう覚悟した。そうでなければ、高校生に混じって、京大を7回も受けたりしない。結局、チェック&リピート、1対1、オリジナル、赤本を2周ずつやることになった。

 奥さんのように、自分と生活習慣、人生観が違う人と同居していたら実行できることではなかった。

 この頃、忘れられないA子ちゃんが登場する。彼女のことは、あまりに印象が強いので、別のところに書かせてもらいました。http://storys.jp/story/18470?to=story&referral=profile&context=author_other

   状況は最悪だったけれど、A子ちゃんが来てくれた頃にインターネットが普及し、スマホの所有率も上がっていた。私は、無料の動画Youtubeを使って通信生を募集しようと思った。

 それは、地元の学校が左翼教育がさかんで受験に真剣に取り組む子が少ないと分かったからだ。ここはマーケットとしてダメなので、日本全国にマーケットを求めたかった。

 Z会などの大手があるからムリだろうと言う人がいたが、私はそう思わなかった。なぜなら、Z会を8年やって研究し尽くしていたし、名古屋の大規模塾で40人中2番の実績があったからだ。Z会の採点者に負けるはずがないと感じていた。

 1名から始まった通信生も、5年も経ったら北海道から鹿児島まで生徒が増え、京大医学部、阪大医学部、名大医学部などに合格者が出始めた。すると、通塾生に、四日市高校の国際科のトップクラスの子や、私立の暁高校の特待生の子などが集まってくれるようになった。

 いつのまにか、私の塾は中学生の塾から高校生の塾に変貌した。そのため、月謝の踏み倒しや備品の盗難が無くなり、退塾率がゼロに近づき経営が安定した。それで、ブログを書き始めたら「受験生」のジャンルで1位となった。

 すべてが良い方向に動き出した。

 振り返ってみれば、私の性格の多くが父の影響を受けていることが分かる。亡き父とは喧嘩もしたが、言葉に尽くせないほど感謝している。私が娘たちにしてきたことは、父が私にしてくれたことをなぞっているだけだ。

 もと奥さんは再婚相手とも離婚をして、娘たちの母親のモデルにはなれない。せめて、私が親としてのあるべきモデルになりたいものだが、成功しているとは言い難い。

 「A子ちゃんのこと」をブログに書いたら、「とても良い話なので、Storys に書いたらいかがでしょうか」とのメールを頂いた。初孫が産まれた。今度は、良い講師、良い父親、良い息子に加えて、良いおじいちゃんになりたいものだ。

著者のキョウダイ セブンさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。