第126章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪ウンザリするような状況の中に今いても流れを変える方法ってあるの?

2 / 2 ページ


彼女の大好きな占いの先生の口から

「向いている・成功する・弟子になりなさい」

と出たことで

彼女は「自信」と「確信」になり


今弟子入りして勉強をしています

ということを書いて何がいいたのか言うと


私の人間分析学は「根拠」「論理的」「データ的」思考の 特に高学歴の男性たちにはウケがいい

科学的、力学的、物理学的な数理学、統計学だから

「納得」が男性の方が早く

彼女が「風水」は学んでも 難しくても頭はいらないと言ったのは 風水も「男性的」な理屈や理論がベースだからでしょう

「感覚」で判断する女性たちに

人間分析学は

「なんか違う~でも合ってる」と


半面「占い」はなぜか女性が信じやすいのは

論理的に考えるものでなはく シンプルに「感覚」で判断できるから


何から何まで「根拠」「理論」「データ」が

必要と考え

そうでないものは「目の敵」「受け入れない」

のもいかがなものかと


女性の脳は

選択や判断は「根拠」でなく「感覚」で

しているものであり

だからこそ頭で考えない結果が書れている「占い」に頼る


というのが「私」の占いに対する立ち位置です

でもそれで全くいいと思います。


いくら論理的に説明されて 根拠があるがなかろうが ココロに「響かないものは響かない」

損得「勘定」という「利」で考えるから 響かなくてもやる

それが男性で

女性は

「利」では「感性」つまり「感覚」「五感」


私の友人の話がそれを物語っているかと


私が論理的・根拠と科学的に 言っていてもあまり 響かなかったことが

占い師に「アナタなら成功する」と言われただけで

スイッチオンになってしまうのですから

ある意味「占い師」って・・・人生に 凄い影響力がありますよね。

著者のあっきー あっき~さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。