大学生の私が発達障害と診断される前とされてから

1 / 8 ページ

・*はじめに*・

私は2年前に発達障害・自閉症スペクトラムと診断されました。


最近、発達障害者が増えていることから、”発達障害”という言葉を耳にしたり目にしたりするようになったと思います。



しかし、学生の発達障害者当事者のブログや体験談はあまり見かけません。学生・新社会人という一番悩む時期だからこそ、経験や体験談をリアルタイムで共有していくことの必要性を感じたこと、体験談やアドバイスを共有していくことで周りの発達障害への理解が少しでも進んだら・・・という期待を込めて、ここで発信・共有しようと思います。


また知的障害を抱える弟を持つ私にとって、相模原の事件はショックでショックでたまりませんでした。障害者、そして、障害者のいる家族への理解の輪がこれからもっともっと広がることを祈っています。


・*あらすじ*・


小さい頃から、発語のない弟を理解したい!と思うようになり、大学ではアメリカに渡り、脳神経科学・言語心理学を主に勉強し、今年卒業したところです。


私自身が病院で自閉症スペクトラムと診断されたのは2年前、大学を休学して日本で働いていた時でした。診断される前、様々な困難をどうやって潜り抜けてきたのか?そして、診断後、自分の特性を受け入れるまでについて書いています。



・*家族*・

小さい頃、母がよく泣いていたのを覚えています。


母が泣いていた理由を教えてもらったのは、私が小学校3年生の時でした。


それは弟が「知的障害を持っているから」でした。


その時、私が


「普通の兄弟のように外に遊びに行けないの?」


と聞くと、母は


「わからないけど難しいと思う」



私の目を見つめて、涙を浮かべながら言いました。



当時、私にはその現実の重みが当時あまりわかっていませんでしたが、何となくとても大変なことで、悲しいことなんだと理解していたように思います。



今でこそ分かりますが、私の両親もまさか自分の子供が障害を持って生まれてくるとは思いもしておらず、受け入れることは決して容易なことではなかったと思います。



みんなの読んで良かった!