「鹿とトナカイ」


今年も着た。
例のトナカイの着ぐるみを。
16 日、17 日とボランティア先のイベントで屋台村などをやった。
そのときに、私はトナカイになるのだ。
相変わらずトイレが結構大変。
被り物を脱いで、ボタンを8 個ぐらいはずし、トイレの床に着ぐるみが触れないように股にはさんで
便器に座る。
この一連の動作に、結構時間を要する。
去年は、「もう間に合わないんじゃないか」と、冷や汗をかいたこともあった。(下ネタですみません)。
客入りはまあまあ。
トナカイの着ぐるみの、いい歳をしたおじさんがビールサーバーでビールを注ぎながら接客している。
我ながら滑稽だ。


ちびっ子たちには大人気。
いろいろといじられたが、中国の留学生に人気だったのはちょっと意外だった。
携帯で写真をパシャパシャ取られた。
北京語訛りで、「鹿さ~んこっち向いて」。
いや、鹿じゃなくて「トナカイ」なんだけど…。
ま、いっか。
だんだんクリスマスらしくなってきたなぁ。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。