大統領選「どうして、トランプさんが支持されるの?」(2)

大統領選「どうして、トランプさんが支持されるの?」(2)

 もしも、戦国時代のように、
「失敗したら斬首」
 と言われても、あなたはサッカーをしながら受験に臨むだろうか。それとも、「命を失っては元も子もない」と全ての時間を勉強に費やすだろうか。
 私が英語と数学を身につけられたのは、失敗したら夜逃げか首吊りという状況だったからだ。それだけではない。連帯保証人の両親も家を追い出され、幼い娘たちも路頭に迷う恐れがあった。そのリスクを回避するため、必死だった。
 どんなに小さな会社や塾でも、経営者は生き残りのため必死になる。違法でなければ、何でもやる。建て前など、糞くらえなのだ。
 どんなに気にいらない相手でも、生存がかかっていたら笑顔で接するのは当たり前。どんなに親しい人でも、使えなかったら切り捨てるに決まっている。「リーガルハイ」の古美門弁護士のようなもの。

「リーガルハイ」の画像検索結果

  実際に、鳥越さんが大敗する2週間前に「鳥越さんは大敗する」という文章を投稿させてもらった。毎日接している中学生や高校生で、日本国憲法の前文を支持する生徒なんて、ほとんどいない。
  北朝鮮のリーダーや、イスラム過激派が跋扈する世の中だ。超反日国家の韓国が竹島を不法占拠し、ロシアが北方領土を不法占拠し、北朝鮮は秋田沖の日本の排他的経済水域にミサイルをぶっ放す世の中だ。

  日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。

  「諸国民の公正と信義に信頼して」家族が肉片にされたら、たまらない。
 イギリス国民だって、難民を救ってやりたい気持ちはあるだろう。しかし、難民に紛れてテロリストが入り込んで犠牲者が多数でたら黙ってられない。
  だから、EUも離脱する。
  アメリカだって、移民の国だがテロで何千人も亡くなったら、
「国境に壁を築いて、不法移民は閉め出しだ!」
  と叫ぶ。当然の反応だ。
    私は、日本の若者だけではなくて、アメリカの中学校で指導させてもらって、アメリカの中学生の本音も分かっているつもりだ。英語ができるお蔭で、ネイティブの気持ちも分かるつもり。
  日本でも、安倍さんが支持され続けて、民進党やその支持を受けた鳥越さんが大敗したのは偶然ではない。社会主義は、終焉を迎えている。
  私のいる受験業界でも、格差は許さないといして順位づけや、ランキング付けを批判する人がいたが、もはや支持されない。ゆとり教育も完全に否定された。
  日本のマスコミは、左翼的な主張が強い。特に朝日新聞は、中国や韓国に媚びてありもしない従軍慰安婦報道で、世間の指弾を浴びた。そんな、左翼のマスコミは
「暴言王のトランプ氏」
 と非難を繰り返す。そんなバカものを、アメリカ国民が熱狂的に支持する理由の冷静な分析が見られない。
日本政府が撤去求める「少女像」、今月だけで新たに10体増設
 8月4日(木)11時32分配信
日本政府が撤去求める「少女像」、今月だけで新たに10体増設
6日のシドニーを皮切りに9日には軍浦、14日には金浦・務安など 少女像・記念碑はすでに国内40か所、海外11カ所に建設 挺対協「1~16日、第4回世界日本軍『慰安婦』記念日週間」を宣言 日本大使館前の平和路で世界連帯集会と蝶文化祭を開催予定

   日韓のトップ同士で合意したはずなのに、またゴールを移動させている。いつまで続くかというと、韓国の大統領は「1000年忘れません」だそうだ。
 日本人の我慢もそろそろ限界で、
「ガツンと一発やってやれ!」
 といった主張の嫌韓本が売れている。
 アメリカだって、同じことで我慢には限界がある。建て前で押し殺してきた本音が爆発しているのだ。


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。