何をめざしているのだろう・・・

 そもそも“慰安婦”という言葉は、朝日新聞の植村隆記者の捏造報道から火がついた。しかし、それも日本と韓国の問題なのに、韓国の国民性というか、被害者ビジネスを行うために、無関係のアメリカ、オーストラリア、カナダなどに次々と慰安婦像なるものを設置し始めた。
 いくら我慢強い日本人でも、さすがに嫌韓本が売れ始めて久しい。韓国人の本性が日本人に広く知れ渡ったのは良いことだと思う。勝手に慰安婦像を建てておいて、「撤去して欲しかったら、10億円出せ」と迫っている。ヤクザだね。
 かと思うと、日本で「原爆の日」の式典の最中に、中国の漁船が200隻以上、尖閣諸島に押し寄せた。侵略する気まんまん。憲法がある限り、日本は何もできないと思っている。
 これでいいのだろうか。
 日本の経済水域である秋田沖にミサイルをぶっ放す北朝鮮。竹島を不法占領している韓国。尖閣諸島に侵略しようとしている中国。北方領土を不法占領しているロシア。日本の周辺には、ヤクザのような国ばかり。
 国内には、民進党をはじめ、そんな韓国や中国に媚びる左翼勢力が跋扈している。みんな不安だから、安倍さんを支持している。在日韓国人から献金を受けているような民進党に政権を任せたら、鳩山さんや菅さんの時代に逆戻りだ。

妻宛書簡
陸軍衛生伍長 伊藤 甲子美命 二十六歳マリアナ島にて戦死

 季代子 かう呼びかけるのも最後になりました。短かつたけど優しい妻でした。有り難く御礼申し上げます。まこと奇しき縁でしたけど、初めて幸福が訪れた様な気がして嬉しく思つていました。

 
 Kiyoko, this is the last time for me to call your name. Our marriage life was short but you are a tender-hearted wife. I really appreciate it. It was a strange meeting but I was happy with feeling I got a happy family life for the first time.

 折角永遠の誓ひを致しながら最後になりますのは、何かしら心残りですけど、陛下の御盾として果てる事は、私にとりましても光栄と存じます。
We promised to live together forever. However I cannot keep my words. It troubles me to die and leave you behind. But I feel honored to die as a shield for our Emperor.

短い生活で、もう未亡人と呼ばれる身を偲ぶとき、申し訳なく死に切れない苦しみが致しますが、すでに覚悟しての事、運命として諦めて頂きたいと思ひます。
After a short marriage life, you have to be a widow. I'm sorry and it's difficult to accept my death but you have already prepared for it. Just try to understand and accept it please.

 若い身空で未亡人として果てる事は、決して幸福ではありませんから佳き同伴者を求めて下さい。
You are still young and it's not good to be single. Look for someone with whom you live in the rest of your life.

 私は唯、幸福な生活をして頂きますれば、どんな方法を選ばれませうとも決して悲しみません。
So long as you feel happy, it's O.K. for me and it doesnt meke me sad.

 さやうなら季代子、何一つの取り柄のない夫を持つて、さぞ肩身の狭き思ひで有りませう。至らない身、お詫びを致します。
Good-bye, Kiyoko. Having a husband with nothing to recommend, you must feel small. I'm sorry for that.

何日の日か幸福な妻にさして上げたく思ひ乍ら、その機会もなく心残りでなりません。
I really want you to be a happy wife but it is impossible now. It troubles me.

どうぞ御健やかに御暮らし下さいます様、お祈り致しています。さやうなら。
Please have a happy and healthy life. I pray all the time. Good-bye now.


  私は、受験指導をしていて思うのだ。
「学校が左翼教育の場と化している」
  社会主義の目指すところは、全員おなじ社会。学力格差など、とんでもないので、学力順位ださない(知らせない)、偏差値や業者テストやランキング表など、とんでもない。
  そして、中国や北朝鮮のような社会主義の国を称賛する。これでは、受験は悪であり、取り組むべきものではないと教えているようなもの。
  そうだろうか。
  いくら、江戸時代のような「組」や「班」を強要して連帯責任をとらせても、賢い子は洗脳されない。
「こんなママゴトにつきあいきれん!」
 とか、
「うちの先生、頭がへん」
 と、言っている。
 竹島と北方領土だけでなく、今度は尖閣諸島も進呈するつもりなのだろうか。相手のやりたい放題を座視して傍観するのは、かえって戦争を近づけることになると思うが、いかがだろう。
   自分で考えることが出来ない生徒たちは、塾でよく
「テンノーはえらっそうに、特別あつかい受けやがって!」
  と言う。教師がそのように教えるからだろう。

著者のキョウダイ セブンさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。