「5 億円」


先日、彼女とこんな話をしていた。
もし宝くじで5 億当たったらどうする?
くじを買ってもいないのにそんなこと話してもどうすんだ?
と、思ったが一応話に乗ることに。
まず、前提として私は双極性障害だ。
Ⅱ 型とはいえ、躁状態のときに5 億なんてあってもあっという間に使い切るだろう。
しかしまぁ、そこは寛解状態だと仮定して考えてみた。
答えは、普通の暮らしがしたい。
親に今までかかった金を返し、あとは健全経営の銀行に貯金だ。
必要なときに、必要なだけ引き出せばいい。
余裕があれば、どこかの不動産に投資管理してもいいが、普通に働きたい。
極端な贅沢は望まない。
我ながら変わったもんだ、と思ったが、よくよく考えてみるとやりたいことのほとんどは若い頃にやり終わっている。
まぁ、自分の好きなものやこだわりのあるものにはお金をかけるかもしれないが、たかが知れている金額だ。
それより、リスクに備えるほうが現代的な考え方だと思っている。
結局、彼女は最後まで信用しなかったが、嘘偽りの無い今の気持ちだ。
若い頃より、随分とおとなしくなったものだ。

著者のさとおじさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。