「英検1級の塾講師」が、京都大学を受けたら何点とれるのか?

1 / 3 ページ

「英検1級の塾講師」が、京都大学を受けたら何点とれるのか?

 京都大学を受験するのは、同年代の1%以下なので

「京大受験に関するブログなど書いても読者はいない」

 と、私の友人は言った。

 ところが、「受験生」ランキングの1位になった。ということは、受験する人は少なくとも、興味を持たれる方は多いということらしい。

 京都大学の英語は、伝統的に「和訳」「英作文」が大半であるため、自分が本番で何点とれるのか予想が難しい。ここ地元で最高峰は、名古屋大学です。

 その合格判定は、河合塾の「名大オープン」でも予想が難しい。

「京都大学」の画像検索結果

1、模試の判定は、どれくらい信用できるのか?

 それは、名大を志望する受験生の上位の子は、

「こんなに上位なら、京大に志望変更しようかな」

 と、心が揺れ

「こんなに下位なら、ランクを下げないと危ない」

 と、心が揺れるからです。

 東大や京大は、それより上がないし、絶対に志望校を下げない子も多い。それでも、和田秀樹さんの「新・受験技法」のデータによると、秋の「東大模試」の判定と実際の合否の関係は、以下のようになっています。

A判定41%  B判定21% C判定21% D判定12% E判定5%

 本番の3ヶ月前の模試での予想がこれほど外れるのは、なぜだろう?文Ⅱ、文Ⅲに限ると、D判定、E判定の合格組が25%もいる。

 客観テストの東大でも、これほど外れる。和訳や英作文の合否の判定は、さらに難しい。

「和田秀樹 受験...」の画像検索結果

2、校内順位は、どれくらい信用できるのか?

みんなの読んで良かった!