50年生きてみて その②

1 / 16 ページ

前話: 50年生きてみて ①
東京簡易裁判所に
オムツと 哺乳びん 
粉ミルクとお湯を持参した女    






50年生きてみて というタイトルで書き始めたストーリー



結局 1年以上経って

続きを書いている







必然的に
"51年生きてみて" に 変わっちゃってます(笑)





これも 最善のタイミングということで

続きを書きたいと思います





それはそうと 

このわたしのストーリーを

想像を遙かに超える数の方が読んでくださって

とっても驚きました



そして 「続きが読みたい」というアクションをしてくださった方も

たくさんいらして

とっても嬉しかった





本当にありがとうございました









では 続きを書きます











最初の結婚 は その893のデザイン会社 



あ いや その

893の世界に 何かと関係がある デザイン会社 ですね





そのデザイン会社に入社した時に

眼の前に席に居たのが



最初の旦那さんでした





2つ上で 山口県出身の 

国立大学を





中退して上京した

デザイナーの先輩





育った環境も 見てきたものも

まったく違うひと でした

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。