徹底的にやったら、蛇蝎の如く嫌われた。

徹底的にやったら、蛇蝎の如く嫌われた。


  昨年(平成27年)、三重県で「三進連」という会社が倒産した。私が中学生の頃は、どの学校でも受験していた業者テストだった。当時は、三重大テストとよばれて受験率は90%以上、ほぼ全員が強制的に受けさせられていたように思う。

 それが、天下泰平になり「学力格差」が許せない雰囲気が蔓延していった。それで、偏差値を使って進路指導をするのも許せない。業者テストも許せない。そもそも、学習内容が多すぎる。

 そんな世論に文科省も教育委員会も媚びた。そして、指導内容を3割削減し、相対評価の通知表を絶対評価に変えてしまった。日本の生徒の学力は、世界のトップレベルから滑り落ちて、産業の競争力の低下に影響する心配がでてきた。

 さすがに、この不況を長引かせるわけにもいかず文科省は脱ゆとりに方向転換したが、現場では(ここ、いなべ市では)何も変わっていない。相変わらず、業者テスト追放だ。

 「三信連」は学校で実施ができなくなった。受験者数も、ほぼ全員から、最近は生徒の報告では

「半分も受けてないよ」

 という状態だった。

 これでは、倒産して当たり前だ。

 しかし、「秀英」とならんで三重県で最大の「えいすう」の実施する三重県統一テストという模試でも、受けてきた塾生情報では1500人ほどしか受けていない。三重県では、1学年17000人ほどいるので、9%ほど。

 9割の生徒が受けていないのでは、合否判定ができるわけがない。

 それどころか、隣町の「光陵中学校」や「陵成中学校」では、校内順位を教えてくれるのに、いなべ市の「北勢中学校」「藤原中学校」「員弁中学校」「大安中学校」「東員第一、第二中学校」では、校内順位さえ

「競争をあおるので教えられない」

 と、教師は基本情報を隠蔽している。

 

○合格者数○   四日市高校 桑名高校 川越高校 生徒数  合格率
1, 光陵中学校   16    49   3   180   38%
2, 陵成中学校   17    42   7   200   33%
3,員弁中学校       1    15   7    80   29%
4,東員第二中学校   1    19   9   110   26%
5,藤原中学校     2    10   3    60   25%
6,北勢中学校     5    17   6   120   23%
7,東員第一中学校   2    19   5   120   22%
8,大安中学校     4     8   8   140   14%


  四日市高校に進学すれば、校内順位は廊下に張り出される。昨日までは、“悪”の権化のように教えられていた偏差値や順位が、今度は自分の将来を決めるという“神”に変わるのだ。

 就職活動では、学歴欄が絶対的な威力を発揮する。なのに、ここでは

「クラスが大切。班がたいせつ。助け合いがたいせつ」

 とばかり指導する。

 助け合った相手が合格し、助けた自分が落ちる。

 高校からは、蹴落とし合いになるのに、この偽善はどうだろう。

 私は、塾内で高校のランキング表を張り出したときのことを覚えている。ある母親から電話がかかり、

「いなべ総合って、そんなに偏差値が低いのですか!」

 と、お怒りのようす。どうも、いなべ総合を卒業された方らしい。

 それだけではない。週休二日になった時は、地元の教育委員会から「土曜日は塾も休むように」連絡が来たし、塾内でコンピューターが打ち出す順位を生徒の一人ひとりに報告したら

「オレの息子をバカ扱いした!」

 と、靴屋を営む母の方に苦情がいった。ライバル塾らしき人が、そういう塾だからうちに移るようにと戸別訪問を始めた。ある母親から

「A塾の人がさきほどみえて、高木さんは塾を閉めると言ってましたが本当?」

 と、問い合わせもあった。

 名古屋の大規模塾で勤務している頃は、生徒に理科や社会の質問も受けたので答えていたら

「スタンドプレイはやめろ!」

 とか、

「そんなことされたら、私たちも他の科目の質問に答えなくてはならなくなる」

 と、講師から苦情の嵐。経営者も、5科目の担当をバラバラにして、5人分の科目を受講してもらって金儲けをしたいわけだから、生徒の希望に合わせていたら儲からない。

 受験業界は、国立大学の教授とか、大規模予備校の看板がないと発言権はゼロだ。林先生が出世したのは、「東進ハイスクール」のCMで「今でしょ」と言ったから。

  これは、とても消費者や生徒の方を見ているは言えない。仲間内の権力争いだ。日本では、自分の保身、権力欲が消費者や生徒の都合より優先される。


部活中の中1男子が熱中症で死亡 35分間のランニング後に倒れる 奈良・生駒の市立中  

 奈良県の生駒市立大瀬中は17日、1年の男子生徒(12)がハンドボール部の練習中に熱中症の症状を訴え、病院に搬送されたが死亡したと発表した。
 大瀬中によると、ハンド部は16日午前8時半から運動場で練習を開始。約35分間のランニング後、生徒がふらつき、顧問の問いかけにも反応しなくなったため病院に搬送した。夜になって容態が悪化し、転送先の病院で17日午前2時50分ごろ腎不全で死亡した。熱中症が原因とみられる。

   私のような人間は、不都合だ。講師間の不和を引き起こす。経営者は儲からない。でも、私のような人間は一人で5科目指導できるので人件費が要らない。だから、生徒や保護者からのウケはいい。
 したがって、個人塾を開くしかなかった。
 私のような人間は、不都合だ。クラブをやる時間を勉強にあてたい子に、勉強させてやりたい。しかし、学校は生徒が死のうが、保護者が勉強させたがろうが、
「クラブは強制です。絶対です。問答無用です」
 という立場だ。
 私のように、自由にやらせたい人間は和を乱す。
 私のような人間は、不都合だ。京大を受けて、
「どのような答案が評価されるのか」
 を研究したかった。すると、
「お前のようなジジイが合格したら、若者が落ちるだろうがぁ」
 と、メールがきた。
 しかし、学力上位の子たちの支持が厚く生き残ることができている。
 ところが、そうなったら奥さんから
「あなたは、勉強のできない子を差別している!」
 といった攻撃が続き、バツイチになってしまった。
 この日本社会というのは、見かけは民主主義国家なのだけれど、ほんの小さな異論も許さない。社会の片隅で細々と生きていくことさえ、ままならない。本人たちは、自分を善人だと信じているらしいけれど、徹底的に異論をつぶすことになる。
「おまえなどは、死ね!」
 日本社会が大きく変化したのは戦国時代にポルトガル人やスペイン人たちがやってきた時。明治維新で、アメリカのペリーが黒船でやってきた時。そして、70年前に戦争に負けてマッカーサーに占領された時。
 自分では、絶対に変われない。そういう社会だ。
 政治家も、芸能人も、二世、三世、4世ばかり。最近も、SMAPの解散騒動で、ジャニーズ事務所の同族経営が問題視されていた。コネばかりの日本社会が衰退していくのを傍観するしかない。実力主義は、この国に似合わない。

  日本社会では、大規模校の金看板とか、教授といった肩書きがすべてなのだから、私のような実証主義は邪魔者でしかない。
「先生も、この人みたいに実際に受けて証明してよ」
 なんて言われたら困る。
「よけなことをしやがって・・・・」
 と、蛇蝎のように嫌われた。黙って死ぬしかないようだ。少々、日本の若者が不憫だし、学校の教師は、業者テストをつぶして勝利宣言だろうが、三進連の従業員にだって生活があったのだ。

著者のキョウダイ セブンさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。