ジェット桐生☆ 信じる力と笑いと実践力!

『ジェット桐生』

数年前のニュースで紹介されていた、

桐生祥秀選手の小学校時代のあだ名です♪

さすが関西人的なあだ名と思いましたが、

なんと陸上は中学から始めたそうで、

小学生時代にはサッカーをやり、

なんと、なんとゴールキーパーで

滋賀県彦根市選抜チームに入っていたそうです☆

たぶん、歴代で、

日本で一番足の速い小学生ゴールキーパーだったはず!

そんな根っからの関西人アスリートの原動力は、

信じる力と笑いと実践力!

まさに、幸運への分かれ道で

迷わず最良の選択をして、

なんの保証もない道を全力疾走できる人☆

<<ご参考>>

『幸運への分かれ道』

http://storys.jp/story/23755

そんな彼の記事をご紹介します♪

◇リオデジャネイロ五輪陸上・男子400mリレー決勝(2016年8月19日)

生来のプラス思考だから、迷いがない。

失敗のことなど、イメージがないのだ。

桐生が威勢良く飛び出す。

飯塚が「思い切り手を伸ばして」と振り返った紙一重のつなぎだったが、

受け手は確信に満ちていた。絶対にきれいにつながる、と。

「練習からミスをしたことがないんで。

どれだけ思い切り行っても追いついてくれると信じていました」

成功と失敗は表裏一体。

少しでもずれていたら減速していたタイミングは、

狂いさえしなければ最高のバトンパスでもあった。

右レーンに中国・蘇炳添(ソヘイテン)。

黄色人種で初めて9秒台をマークしたアジアの快足だ。

左レーンのジャマイカは9秒90のニケル・アシュミード。

さらに、もう1つ左には米国のタイソン・ゲイもいた。

だが、抜群の出だしでスピードに乗った状況ならば、

世界のトップが相手でも遜色はない。

「外側(右側)を全員抜く気持ちで走った」

言葉通りに走り、迫り来る内も抑えた。コーナーをトップで抜けてきた。

試合の入り方までとことん陽気だった。

午前中はケンブリッジと軽く運動した後、選手村でリラックスした。

「ユーチューブを見て緊張をしないように一人で笑っていました」

選んだ番組は「さんまのまんま」。

もう1本も明石家さんま出演の動画を見ていた。

「レースは夜10時半なんで、笑っときたいなと思って」

滋賀県彦根市出身。

関西人らしい息抜き方法で本番に備えた。

日本歴代2位の10秒01の足に勢いがつき、

トップでアンカーにつないだ。

レース前。第4走者のケンブリッジには伝えていたことがあった。

バトンを渡し終えた後の約束事だ。

「メダルって信じています。

バトンを渡したら、そのまま抱きつきに行きますね」

減速しながら、足を止めずにゴールに向かう背中を追った。

根っからのポジティブシンキング。絶対に読みが当たると信じて。

<<出典元>>

http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160821-00000079-spnannex-spo

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。