アイスランドと共通点が多すぎる日本

1 / 3 ページ

せっかくヨーロッパに居るのでずっと行きたかったアイスランドにも行ってみたら、「日本から一番遠いヨーロッパ」にもかかわらず日本との共通点がめちゃ多かったので、書き記していきたい。




アイスランドも海に囲まれた島国で魚が大好き

イギリスと鱈の取り合いで戦争が起こるほど魚が好きである。


アイスランドのスーパーで買ってきたタラのフライ

「ケンタッキー」と書いてあるが当のケンタッキーからは許可は得ていない模様。こういう小国ならではの適当さが僕は好きだ。ちなみにフライパンで揚げてみたが、お味はとても美味で本当にケンタッキーのような味がする。一つ一つがとても大きくてボリュームもたっぷりだ。これは良い。

アイスランド産のタラやシシャモは日本にもたくさん輸出されているらしい。

日本にいた時は何でも国産が良いと思っていたけど、アイスランドに来たらアイスランドの「本場の」タラが食べられると思えて嬉しかった。これからは日本で輸入物の食べ物を食べるときでも、どこの馬の骨かわからない国から来た食べ物などと思わずに「本場の」食べ物を食べているのだと考えれば、テンションも上がると思う。


アイスランドも地震が多い


アイスランドは地震が多い

上のスクリーンショットはアイスランド気象庁 の直近の地震を表している。マグニチュード3以上の地震がこの2ヶ月で20回ぐらい起こっている。それもそのはず。アイスランドはヨーロッパ大陸とアメリカ大陸の2つのプレートのちょうど中心に位置している。プレートとプレートがぶつかるので地震は起こりやすい。地震が起こっている場所を上の地図で見ると線になっていて、それがプレート同士がぶつかっている場所なのだ。

僕もアイスランド滞在中にそのプレートのぶつかる位置まで行ってきた。


プレートのぶつかる場所。この場所を南向きに眺めたので、左側がヨーロッパ側の大陸棚で、右側がアメリカ大陸の大陸棚だ。見た感じぶつかるというより裂けるに近い。


日本もプレートが3つ4つ重なっている。

これはどう見ても地震が起こりやすくなってますね・・・僕は左翼じゃないけど長期的に見てマジで原発はいつか止めた方が良いと思う(小声)

ちなみに数カ月前に滞在していたエストニアでは全く地震が起こらず、この10年間でマグニチュード5の大地震が起こったのはたった1度だけだった。国によって地震のリスクは全く違うのだ。



アイスランドも火山が活発

地震が多いアイスランドには火山も多い。アイスランドの火山だけで全世界で噴火した溶岩の3分の1を吹き出しているらしい。全世界の大地震の何分の1かが起こっている日本ともよく似ている。

エルトフェットル

日本も最近噴火で島が拡大するなど、火山活動が活発だ。アイスランドも火山の噴火がよく起こる。

アイスランドのヘイマエイ島にエルトフェットルという標高200メートルの火山がある。この火山が1970年代に噴火し、流れてくる溶岩を冷たい海水をポンプで送ってせき止めたらしい。想像すると興味深い。

日本でも桜島近辺に住む人は今でも噴煙と隣り合わせの生活を送っているらしい。昔はよく噴煙で家のラジオが壊れたと読んだことがある。日本もアイスランドも火山大国なのだ。


住宅街の近くに岩盤がむき出しになっている


そこらじゅう岩盤だらけ

みんなの読んで良かった!