第135章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪ウンザリするような状況の中に今いても流れを変える方法ってあるの?

ときめき、気分、やる気に頼らない『片付け論』を発信することに

自分は『欲しい』『やる』と決めそう思ったら 試行錯誤しても失敗しても 工夫、応用しできるまでやる


しかし、どうしも そう考えれば考えるほど できないことが一つだけある


『片付け』である


好きで、興味関心があり、好奇心、向学心を そそり学び続けられるものは… 苦なく難なく自然に続き…継続性があるから やればやるほどよりできるようになり やがてスキルや技になる


人を学び活かす『人間分析学』で学んでいて


人の『素性』『特性』『適性』の『強み』の 論理である


つまり私の持って生まれた『性格』に 『片付け』は理解は 頭や脳的には適していても

『行動・実践』的に適してないのである

が どうしてもやりたいし やらないとならない長年の私の『課題』である


片付けの論理は納得し腑に落ちているのだから


行動、実践の部分は


自分にできないことは弱みだから 得意なそれが強みの人にやってもらう


これは私が出した結論である


こんな簡単な 人間分析学では、これが『成功者』の 『肝』にあたる部分で何年も習っているにも 関わらず


『灯台下暗し』である


というわけで 自宅家の片付けは、『水漏れ』を機に リフォームが必要になり リフォームではなく リゾートマンションのような心地よい空間に 住みたいのでリノベーションをすることに


しかし、問題は、家に20年近く長年溜まった モノである


賃貸大家業をやっているので リフォーム、リノベーションは仕事の一部であるが 賃貸物件の場合は 『モノ』がない状態


さて、『モノ』どうする? 今あるモノを9割捨てると決めたが


いざ実践、行動となるとできない


リノベーションプラン、企画、設計、施工を 全て 今回 大家業の友人の親友の 女性建築設計士の方に任せた


片付けないとリノベーションはできない


その女性に相談したら 私、片付け大好きで得意だから 手伝いますから、一気に一緒にやりましょう


その一言で私の明る一緒未来は開いた


と、そして、私を長年悩ましつつ 興味、関心が深い 『片付け論』について書こうと…

みんなの読んで良かった!