毎日が休日・毎日が仕事の日「住所不定無職、自称I.T.」のバッグの中身

1 / 5 ページ



2010年年末に、

約12年間サラリーマンとして

勤務した会社を退社。

 

2011年1月より

正式に独立起業。

 

そのタイミングで、

家族(嫁・娘2人)との生活拠点を、


海外駐在として滞在していた中国広州から、

マレーシアジョホールバルに移動した。

 

独立起業後、

一体僕は何の仕事をしているのか?

 

わかっているようで、

自分でも意外とハッキリと

分かっていなかったりする。 

  

各国のイミグレ(入国管理局)を

通過するときの用紙には、

職業欄に「I.T.」と記載しているが。

 

そもそも、

「I.T.」とは一体どういう職業のことを指すのか、

僕自身もよく分かっていなかったりする。

 

「I.T.」は「information technology」の略語で

直訳すると「情報技術」。

 

職業欄に「I.T.」と記入するということは、

「情報技術屋」と名乗っている

ことになるのだろうか?

 

僕の実際の職業というかお仕事は・・・

 

・四柱推命鑑定士?

・門使い?

・投資家?

・ブロガー?

・コピーライター?

・マーケター?

・セールスマン?

・工場生産サポーター

・N.P.K.(日本ピンはね興行)?

 

一体どれを「僕の職業」として、

定義付けて言えば良いのだろうか?

 

それは自分でも、

今ひとつ曖昧な部分でもある。

 

毎日同じ仕事をするのではなく、

やりたい日にやいたい仕事だけをする・・・

的なことを追求していった結果、

 

いつの間にか、

こんな感じになってしまったのだ。

 

ひとことでいえば、

「住所不定無職、自称I.T.」

といったところだろうか?

  

確かなことは、

独立起業後の今、

サラリーマン時代とは異なり、

平日、土日祝日、

全く関係無くなったこと。

  

言うならば、

「毎日が休日」・・・と言うと

羨ましく聞こえるかも知れないが、

 

一方では、

「毎日が仕事の日」・・・でもある。

   

「毎日が休日・毎日が仕事の日」

 

休み続けてもよいし、

仕事をし続けてもよい。

 

けれども、

必要とされる時には、

深夜だろうが、明け方だろうが、

プライベート旅行中だろうが、

遊んでいる最中だろうが、

仕事をしなければならない時も。

   

自由があるのか?自由が無いのか?

今ひとつ定義付けが難しいところである。

 

職業「住所不定無職、自称I.T.」、

やはりこれが一番しっくり来るだろうか?

 

今日はそんな僕の、

「所持品」について、

コッソリ公開したいと思う。

 

 

◯持ち物は常に必要最小限で!

 

現役サラリーマン時代から、

「真田孔明クンの出張荷物

 たったのそれだけ?

 少ないね!」

  

・・・と

周囲から言われていたが、

 

会社退職後は、

営業&マーケティングとしての、

必要書類なども

一切持つ必要がなくなったため、

ますます荷物が少なくなった。

   

家族と一緒に暮らしている

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。