高校進学を言葉がさっぱりわからない国でしてみたら思ってたよりも遥かに波乱万丈な3年間になった話【その3:苦難】

1 / 2 ページ

前話: 高校進学を言葉がさっぱりわからない国でしてみたら思ってたよりも遥かに波乱万丈な3年間になった話【その2:新生活スタート】
次話: 高校進学を言葉がさっぱりわからない国でしてみたら思ってたよりも遥かに波乱万丈な3年間になった話【その4:夏の始まり】


言葉が一切分からない環境での生活は、それはもう想像を絶する大変さでした。

渡西前は「スペイン語?余裕余裕」などと軽口をぺらぺらと叩いていた私も、流石に本格的に新生活がスタートするとその口を閉じざるを得ませんでした。

むしろ軽口を叩いていた頃の私と、そもそもスペイン行きを決定した過去の私の口を縫いつけ更にそれぞれ7発ずつほど殴ってやりたいほどでした。暴力はいけません。

 

というわけで今回は私に待ち受けていた数々の試練について書いていきたいと思うのですが、まずはじめに今日私の身に降りかかった災難を話を少し聞いてもらえればと思います。

 

ごく最近の話なんですが、2週間ほど前に私は道で引ったくりにあってお財布やらなんやらを無くしてしまいました。

これを機に私はちょっと私はもうこの世の全てのアラビア人に優しく出来る気がしなくなってしまったのですが、それはまあ置いておいて。私決してレイシストではございません。

それで、スペインでは国民全員がIDカードを持っているのですが、例に漏れず私も所持していたのですよね。

「してした」と過去形なのは、皆さんの予想通り財布の中にはそのIDカードも入っていまして、それを盗られた今おかげで私は身元不明者になってしまいました。職質されたら一発の身です。愉快です。

しかし愉快は愉快なのですが、流石にこの若い身空で不法滞在の謎のアジア人として前科でもついたら困るので(まあパスポートあるんですけどね)、新しくIDをゲットするべく、1週間ほど前に警察に再発行の予約を入れました。

その予約日というのが今日でして、先ほど警察に行ってきたのですが。が。

 

いつもは混んでいるはずの警察署は、なぜか今日はガラガラ。

ガラガラというか、もはや私しかいません。

スペインでこういう愉快なことが起こるのは大概何か悪いことの前兆なので、皆さんもスペイン旅行をする際にはお気をつけください。

少し不審に思いながらも受付に行くと、そこにいたお兄さんが一言

 


お兄さん
ごめんなんか朝からスペイン全土の警察のPCの調子おかしくって・・・また今度来てネ・・・。

ハァーッ!!!

こいつは一本取られました。面白すぎです。やってくれますねまったく、思わず引き笑いです。

私はこの国家レベルで壮大なギャグをかましてくれるスペインという国が大好きです。

 

嫌いだよ馬鹿。

 



 

お兄さんは別にチャラくありませんでした。


ガルシア家での受難

 

さて本題に入るのですが、以前どこかでチラリと書いたとおり、ガルシア家での生活は長女オリンピアと末っ子アレハンドラ(小)との戦いの日々でした。

チナは良いおばあちゃんで、子供からはとても慕われていました。

スペインでは子供を甘やかす親が多いのですが、チナは常に愛ゆえの厳しさを持って子供に接していたように思います。

どこぞの馬の骨とも分からぬ私にも優しくしてくれ、何度菩薩かと私は思ったことか。

しかしこのどこぞの馬の骨にも優しくしてくれるアガペー、そりゃまあ実の孫であるちびっ子どもにとっては面白くないものに決まっています。

右も左も分からぬ私をせっせと気にかけるチナの姿を見て、ちびっ子どもは「サキにおばあちゃんをとられた」と思ったのでしょう。

なんたることや、おばあちゃんの優しさが仇に出てしまい私はオリンピアとアレハンドラの嫉妬から来るいびりの対象になってしまったのです。

 

奴らのいじめはなかなか陰湿でした。

多くはくだらないものでしたが、一番堪えたのは昔ホームステイしていた子の写真を持ってきて「あんたなんかよりこの子の方が美人だし優しかったし、この子がうちにいてくれれば良いのにな~!」と言われたこと。

言葉はまだほぼ分からない時期だったのですが、不思議と何が言いたいかは伝わってしまい、部屋で号泣してしまいました。

5歳児と9歳児にいじめられて泣かされる15歳。情けなすぎます。

著者のしもむら さきさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。